マネパカードはクレジットカードと比較してどんなメリットがあるのか?

海外5通貨でも使えて、仮想通貨との連携も始まったマネパカード

今回はそのマネパカードについてクレジットカードと比較したメリット・デメリットをご紹介いたします。

前回は、マネパカードの概要について解説をしました。マネパカードはマネーパートナーズが発行している、マルチカレンシープリペイドカードで、日本円をはじめ6種類の通貨のチャージができるプリペイドカードになります。

最近では、Zaifなどと連携して、仮想通貨でのチャージが可能になったことで、さらに注目度が高まったカードになります。

現金に比べて、使った履歴がわかったり、メールで届くことや、また、保証がついているという点で、安心、安全面でも優れているといえるでしょう。

(参考:マネパカードのメリットと使い方は?Zaifとの連携で評判

今回は、マネパカードが、クレジットカードに比べてどのように優れているか、を中心に解説したいと思います。今、ユーザー数が増えているマネパカードの秘訣に迫っていきましょう。

マネパカードのメリット:クレジットカードと比較したメリットは?

海外で使えるカードといったら、やっぱりクレジットカードですよね。

今回は、マネパカードとクレジットカードを比較して、どういうメリットがあるのかを解説していきましょう。

メリット①:クレジットカードより安い手数料で済むことがある。

最大のメリットは、「手数料が安い」点でしょう。一般的に、VISAやマスターカード等、海外でクレジットカードを使うと、カード会社によって異なるものの、1.5~1.6%の通貨交換手数料がかかることが多くあります。

しかし、マネパカードの場合、FX口座からカードに入金すれば、手数料は0.6%程度で済むのです。たかが1%と思うかもしれませんが、チリも積もれば山となる、の通り、回数が増えてくると、どんどん金額の差は開いてきます。手数料は安ければ安いほどお得なので、クレジットカードより安いという点は、最大のメリットでしょう。

メリット②:クレジットカードではないので、審査不要

もう1つのメリットとして、審査がいらない、という点も挙げられます。一般的にクレジットカードは、与信枠を出すために、年収や保有資産、破産していないかなど、審査が行われます。審査に通らないと、クレジットカードを作ることはできませんし、限度額もかわってきます。

しかし、マネパカードは、あくまでナナコやスイカと同じプリペイドカードなので、審査はいっさい必要ありません。基本的に、15歳から70歳の間であれば、誰でも作ることは可能です。こうした手軽さも、マネパカードが注目されている理由かもしれません。

メリット③:入れた分しか使えないので使いこむ心配がない

クレジットカードは、あと払いのため、限度額いっぱいまで使うことが可能です。特に、海外の場合、気持ちが大きくなって、つい使ってしまった、ということも珍しくありません。

しかし、マネパカードの場合は、入れた分しか使うことができない、ということが特徴です。入れた分以上に使うことがないので、無駄遣いも起こりづらくなります。クレジットカードだとついつい使いすぎてしまう、という場合におススメです。

メリット④:国内で使っても実はお得

マネパカードは海外で使う時だけ注目されがちですが、実は国内で使っても、お得なカードなのです。

一般的なクレジットカードは、還元率が1%程度です。しかし、マネパカードは、マネーパートナーズでFX口座を持っていれば、1.2%の還元を受けることが可能です。

また、FX取引をしていれば、最大1.5%まで還元されます。しかも、ポイントではなく、キャッシュバックで還元を受けれるところも、魅力の1つといえるでしょう。

実はデメリットも?マネパカードのデメリットは?

メリットが多いマネパカードですが、もちろんデメリットもあります。マネパカードのデメリットをまとめてみました。

デメリット①:入金分しか使えない

マネパカードはプリペイドカードなので、当然チャージした分しか使えません。なので、突発の出費(たとえば病院など)には対応できないことがあります。入れた分しか使えないのは、メリットでもありますが、時にデメリットにもなりえます。

デメリット②:両替やチャージが面倒くさい

また、いちいち事前にチャージしたり、なくなったらまたチャージして、時に両替をして、など、意外と面倒くさい手続きが必要になります。現在は自動で引き落としやチャージができる機能はありません。

利便性を求めてカードにしたにもかかわらず、意外と手間がかかる、と思う人も多いかもしれません。これもデメリットの1つでしょう。

マネパカード単独ではなく、クレジットカードとの併用がおすすめ

マネパカードは便利なカードではありますが、万能なカードではありません。私がおススメするのは、クレジットカードとの併用です。

事前に決まった金額をチャージしておき、基本はマネパカードを使う。しかし、予定外の出費については、クレジットカードを使うことで、無駄なく無理なく、海外を楽しむことができるでしょう。

マネパカードはクレジットカードと比較してどんなメリットがあるのか?まとめ

マネパカードは、クレジットカードと比較しても、手数料が安い、審査が不要など、様々なメリットがあります。国内での還元率が高いところも、魅力の1つと言えるでしょう。

しかし、メリットだけでなく、デメリットももちろんあります。入金や両替の面倒くささや、入金分しか使えず、いざと言う時の出費には耐えられないかもしれない、というのがデメリットでしょう。

もし、海外で使う場合は、マネパカードとクレジットカードの併用がおススメです。予算が決まっている買い物や外出等はマネパカードでお得感を感じ、急な出費にはクレジットカードで対応することで、快適な海外の旅を過ごすことができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です