バイナンスの取引方法・使い方を完全解説!【ベーシックとアドバンスの違い】

★Binance(バイナンス)の取引方法を完全解説しました

前回は、BITMEXについて、レバレッジ取引の是非まで含め、本当に良いサービスかどうか、ということを検証しました。

レバレッジ100倍というのは、確かに魅力的に感じますが、1%の下落で資金がなくなってしまう、ということは、ただでさえ変動が大きい仮想通貨で、1日に1%以上の上下は10回以上あるのが普通です。

なので、常に画面に張り付ける人以外には、あまりおすすめできません。長期的な資産形成をするにはリスクが高すぎるため、超短期売買を行う、半ばギャンブル的なものである、ということはきちんと理解しておいた方がよいでしょう。

前回の記事はこちら⇒BitMEXレバレッジ100倍は本当に稼げるのか?危険性・デメリットはあるのか?

今回は、一度戻って、Binance(バイナンス)について再度説明します。

以前、「Binanceの登録方法・入金方法について ~海外取引所ってどうなの?初心者の始め方~」の記事で入金方法まで説明しましたが、「実際の取引方法も知りたい」という声が多かったので、今回は、取引方法や、チャートの見方について解説したいと思います。

Binance(バイナンス)の基本は「ビットコイン建て」

Binance(バイナンス)のデメリットとして、日本円での入出金ができないことについては、以前解説しました。

基本的に、Binance(バイナンス)は、「ビットコインを中心にお金のやりとりをする」形になっています。

右側の表を見てみましょう。Pairというのが、通貨の組み合わせになります。

たとえば一番上は、ADA/BTCとなっています。

これはCardanoという通貨と、ビットコインの組み合わせになります。

1ADA=0.0002737BTCと言うことですね。

それ以下の記号も同じ組み合わせで、基本的にはその通貨を1単位買うのにどれくらいビットコインが必要か、というレートになっています。実際に日本円で換算するには、ビットコインのレートの時々によって変わってくるので、あまりおススメしません。BTCを増やすこと、を目的に考えればよいでしょう。

取引画面は「ベーシック」「アドバンス」の2種類ある

Binance(バイナンス)の取引画面ですが、「ベーシック」と「アドバンス」の両方を使うことが可能です。

アドバンスは有料、というわけではありませんので、使いやすい方を使うと良いでしょう。

ベーシックは、上にも乗せたように、白い画面が特徴です。

一方、アドバンスは、背景が黒になっています。ちょっとプロっぽい作りになっていますね。

ベーシックとアドバンスの画面自体は、一見全く違うように見えますが、実はそれほど大きな違いはありません。

チャートと、売買画面、売り、買い、それぞれの建玉、通貨選択画面から成っています。

最も大きな違いは、インジケーターが使える点です。

FXや株取引を行う際に、チャートの動きから将来価格を予想する、テクニカル投資というものがあります。

そこで使われるのが、移動平均線やサポートライン、MACDなどのインジケーターなのです。インジケーターについては、様々な人が様々な意見を持っており、それだけで本が書けるくらいなので、詳しい説明は割愛します。

もし、仮想通貨でも、テクニカル投資のように、様々な指標を活用しながら投資をしたい場合は、アドバンスを選ぶと良いでしょう。ベーシックは、通貨の切り替えが簡単なのがメリットです。

様々な通貨の取引を楽しみたい、という場合は、ベーシックの方が無難かもしれません。

実際の取引はどうやって行われる?ベーシックの使い方

では、実際の取引がどのように行われるかを解説します。ベーシックの画面で解説させてください。

コインを買う際は、中央下にある、Buy XXX(XXXは通貨の名前)から買うことができます。Priceは、何もしない場合、現在の成行価格が入っていますが、自分で変更することも可能です。

しかし、価格を変更した場合、すぐに注文が入るわけではなく、価格がそこに来た時点で、取引が発生する、ということは覚えておきましょう。

Amount欄には、欲しい数量を入れます。Amount欄をドラッグすると、最大どれくらいまで買えるかがでてきます。これは非常にわかりやすい機能ですね。下に表示されている25%といった%は、資産の何%まで買うか、という時に使います。PriceとAmountが入ると、Totalは自動計算されます。

これで、価格が合えば、取引成立です。売りの場合も全く同様です。ビットコインさえ持っていれば、取引自体は非常に簡単と言えるでしょう。

ビットコインの出金方法は?

ビットコインの出金についても解説しましょう。出金も、そんなに難しくはありません。

右上の、Fundsから、「Withdraws」を選択します。

そうすると、出金画面になります。コインを選び、Address(送金先)とAmount(送金料)を選択します。その上で、Submitを押せば、送金完了です。送金先の調べ方は、送る先の取引所によって異なります。

また、1点注意点を上げるとするならば、手数料は、送金金額から引かれる形になっています。なので、送金したい金額が決まっている場合、それに手数料を上乗せする必要があるので、気をつけましょう。

バイナンスの取引方法・使い方を完全解説! まとめ

Binance(バイナンス)の取引方法、実はとっても簡単ということが、お分かりいただけましたでしょうか。

英語で書いてあったり、ビットコイン建てがベースで日本円が使えなかったり、文字が多かったりすると不安になるかもしれませんが、実は操作も簡単ということが理解できたのではないかと思います。

テクニカルを駆使した投資をしたい場合はアドバンスがおススメですが、個人的にはより画面の見やすいベーシックがおススメです。まずは自分の好きなコインを、試しに買ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です