イーサリアムは投資価値は十分ある【スマートコントラクトの機能に優位性】

前回の記事では、イーサリアムの派生通貨について解説しました。イーサリアム自身が、「THE Dao事件」によって、新しい仮想通貨としてハードフォークした中で、以前のブロックチェーンをそのまま使っているのがイーサリアムクラシックになります。

イーサリアムクラシックは、もともと、中央集権的なハードフォークを嫌ってできた仮想通貨のため、「Code is Law」という、コード至上主義をとっています。よって、拡張性等はあまり高くありません。

他にも、イーサリアムゼロや、カリストなどの仮想通貨がハードフォークによって生まれていますが、これらを投資対象にするのはなかなか難しいといえるでしょう。

前回の記事⇒イーサリアムクラシックが生まれた経緯とは?THE Dao事件について

今回は、「今後、イーサリアムは投資対象として有望なのかどうか?」というところにフォーカスして、解説したいと思います。

イーサリアムはビジネス界でなくてはならないものになる?

イーサリアムの将来について語る際は、その技術的な背景を理解すべきでしょう。

イーサリアムは、もともと汎用ネットワークを目指して作られていること、そして、スマートコントラクトの機能を持っていることは、非常に重要な意味を持っています。

スマートコントラクトの機能と、ビジネスの相性の良さは、以前も語りましたが、イーサリアムの大きな優位性を示しているでしょう。

参考:イーサリアムの何がすごいのか?将来性に期待できる理由について

ビジネスとは、極端に言うと、契約の締結、およびその履行の連続であり、その部分が自動化できないため、多くのリソースを割いているわけです。

これが、スマートコントラクトに置き換わるとすると、契約の履行がオートメーションされる可能性があるわけです。これは、リソースの大きな削減、生産性の向上につながる可能性があります。

イーサリアム企業連合を中心とした各企業がイーサリアムを支援しているのは、こういったスマートコントラクトの機能を、ビジネスに活用していきたいと考えているからに他ならないでしょう。

このスマートコントラクトがさらに広がれば、ビジネス界のベーシックな基盤としてイーサリアムが使われるかもしれません。そういう観点では、イーサリアムのファンダメンタルの価値としては、将来有望といえるでしょう。

拡張性の高さもイーサリアムの大きな魅力

もう一つの大きな魅力としては、ネットワーク基盤として設計されたため、幅広い拡張性を持っているということです。実際に、イーサリアムはイーサリアム上でのアプリケーション開発を容易にしており、イーサリアム上で開発されたアプリケーションはDAppsと呼ばれています。

拡張性の高さというのは、自由度の多さを表しています。

イーサリアム上で開発されたアプリには、もちろん様々なものがあり、玉石混交と言えるでしょう。

しかし、そのうちのいくつかがヒットすれば、そのたびイーサリアムの基盤の価値が高まっていくのです。将来、イーサリアムが普及するかどうかは、このDAppsがどれだけヒットしていくか、が大きくかかわってくるかもしれません。

もちろんこれにはリスクがあります。仮にイーサリアム上でセキュリティに関するリスクが見つかった場合、DApps全体に大きなインパクトを与えるということです。

そのため、イーサリアムの安全性の重要さも、今後ますます高まっていくと言えるでしょう。

開発リソースは不足気味?言語の問題とは

一つイーサリアムで懸念があるとすれば、開発言語でしょうか。イーサリアムは、Solidityという開発言語を使用しています。Solidityはイーサリアム独自の言語であり、開発者が少ないです。

この開発者の少なさは、今後、イーサリアムの普及スピードに影響するかもしれません。Solidityを普及させるための何かが、今後必要になってくる可能性もあります。

イーサリアムは、「じわじわ普及する」仮想通貨か 投資価値ありと判断

結論からいえば、イーサリアムは今後さらに普及し、価値はあがっていくでしょう。そのため、投資する価値は高いと言えます。しかし、リップルなど他の有望な仮想通貨に比べて、価値の上がり方は緩やかになるのではないでしょうか。

理由は、イーサリアムの優位性そのものである、スマートコントラクトと拡張性です。スマートコントラクトについては、確かにビジネスの在り方を大きく変えうるでしょう。しかし、ビジネスの根幹を変えるには、やはり、時間がかかるのではないでしょうか。

また、拡張性の高さについても、逆を言えば、「目的が明確でない」ということが言えます。リップルのように、金融機関間の送金に特化していれば、成長スピードは速くなりますが、今の段階では、DAppsの利用が、急激に広がるような仕組み等はありません。便利な機能ではありますが、まだ、本格的にイーサリアムが広がっていくとはいえないでしょう。

まとめ

イーサリアムの優位性である、スマートコントラクトと、ネットワーク基盤としての拡張性、これらは、ビジネスの在り方を大きく変える可能性があります。イーサリアム企業連合をはじめとする、各企業がイーサリアムを支援しているのは、こういったイーサリアムの将来性に期待しているからに他なりません。

しかし、リップルと異なり、目的が明確でない分、成長スピードはそこまで速くはならないでしょう。また、スマートコントラクト自体も、まだまだビジネスの現場で使うには、時間がかかると推測します。

イーサリアムは、将来性から言って、「買い」の通貨です。しかし、成長スピードを考えると、価値はじわじわ上がっていく形になるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です