仮想通貨Lisk(リスク)の特徴と機能について

イーサリアムは、もともとネットワーク基盤として誕生したブロックチェーンであり、ビットコインと同じ分散型のシステムながら、スマートコントラクトの機能を備えていることが特徴です。イーサリアム企業連合の支援もあり、今後有望な通貨といえるでしょう。

前回の記事⇒イーサリアムは投資価値は十分ある【スマートコントラクトの機能に優位性】

今回は、そんなイーサリアムと同じ、スマートコントラクトの機能を持つ、「Lisk(リスク)」という仮想通貨について紹介します。第一回目の今回は、由来や特徴などについて解説しましょう。

Lisk(リスク)はそもそもどういう通貨なのか?

まず、Lisk(リスク)がどのような通貨なのかから解説しましょう。Lisk(リスク)は、2016年に、Cryptiという仮想通貨からハードフォークした通貨になります。仮想通貨としては、比較的に新しい部類に入ると言えるでしょう。

Lisk(リスク)には、プラットフォームのLiskと、その中で使用する通貨としてのLISKがあります。

ビットコイン同様、非中央集権型の仮想通貨になっています。今、Lisk(リスク)自体の時価総額は、仮想通貨の中でも、20位前後と、決してそこまで高いわけではありません。しかし、Lisk(リスク)に注目する人は多くいます。では、そんなLisk(リスク)の特徴を見ていきましょう。

Lisk(リスク)の特徴は?代表的な機能を紹介

・イーサリアムと同じ、スマートコントラクトの機能を持っている

Lisk(リスク)は、しばしばイーサリアムと比較されることがあります。それはなぜかというと、Lisk(リスク)とイーサリアムに、似た部分が多いからです。

1つは、どちらも同じ、分散型ネットワークを持っており、非中央集権型の仮想通貨である、ということです。そして、もう1つが、スマートコントラクトの機能を持っているところです。

しかし、イーサリアムと大きく異なるのは、Lisk(リスク)は、サイドチェーンを持っているということです。

サイドチェーンとは、1つのブロックチェーンでは、処理できないことを想定し、そのブロックチェーンの機能を拡充するために用いられるブロックチェーンになります。

もとのブロックチェーンのことを親チェーンと言います。サイドチェーンを入れることで、たとえば親チェーンの処理速度が速くなったり、また、親チェーンの機能を拡充したり、また、サイドチェーンに異なる機能を持たせることも可能です。

このサイドチェーン上に、スマートコントラクトが書けることが、イーサリアムとLisk(リスク)の一番の違いであり、Lisk(リスク)の一番の特徴と言えるでしょう。これにより、親チェーンに情報を書くことがないため、取引自体を阻害せず、安全にスムーズな取引ができるようになります。

たとえばイーサリアムの時に紹介したThe DAO事件ですが、これは、親チェーンに直接スマートコントラクトが書かれていたために、それがハッキングされると、次以降のブロックに悪い影響が出てしまいました。

しかし、サイドチェーンに書いていれば、当然親チェーンに影響を与えることはないので、被害は限定的ですみます。このように、サイドチェーンを使うことは、特に高いセキュリティが要求されるスマートコントラクトにとって、プラスであると言えるでしょう。

また、本体のブロックチェーンに影響されないということは、それだけ本体のブロックチェーンがスケールしやすい、というメリットもあるのです。

開発言語がJavaである

もう1つ、Lisk(リスク)の特徴としては、開発言語がJavaであるという点です。これも1つの大きなメリットと言えるでしょう。なぜなら、Javaは世界中で使われている、最もポピュラーな言語であるためです。

そのため、Lisk(リスク)のブロックチェーンは、利用されやすくなると言えるでしょう。

イーサリアムは、イーサリアム専用の言語であるSolidityという言語を使っており、それがリソースの制約を産んでいました。ここでも、Lisk(リスク)はイーサリアムの課題を解決したと言えるでしょう。

マイニングの承認は、DPoSで行われる

もう1つの特徴として、マイニングでDPoSという方法がとられています。これは、「Delegated Proof of Stake」の略で、通常のPoSからさらに進化させた考え方になります。DPoS方式では、マイニングを承認する際、まずLisk(リスク)を持っている人から、投票により承認者を決定し、選ばれた承認者がマイニングを承認するという方式をとっています。

これにより、ネットワークに大きな負荷をかけず、取引時間の短縮ができるそうです。

仮想通貨Lisk(リスク)の特徴と機能について まとめ

Lisk(リスク)は、2016年に生まれた新しい通貨ながら、様々な優位性を持っています。

基本的に、非中央集権型の仮想通貨であり、ネットワーク基盤として生まれ、スマートコントラクトの機能を持っているという点では、イーサリアムに似ていると言ってよいでしょう。

しかし、サイドチェーンを持っており、サイドチェーン上でスマートコントラクトを書く仕組みや、開発言語がJavaである点、また承認方式がDPoS方式である点などは、イーサリアムの課題を解決したような形になっています。

そういう意味で、イーサリアムが期待されているのと同様に、Lisk(リスク)も、その機能について大きな期待をされていると言えるでしょう。

次回はリブランディングについて
Lisk(リスク)はなぜリブランディングしたのか?その影響とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です