NFTに参入した 海外、日本の芸能人を紹介!

金融業界の人々は、数年前より暗号資産やNFT自体に興味を示しています。では、芸能業界はどうでしょうか?

海外の著名なミュージシャンは、ここ数週間で続々とNFTに参加しています。

アーティストにとって、ブロックチェーン、特にイーサリアムが有用で興味深いものになっているようです。

アートやメディアの世界から有名人を引き付け、ブロックチェーンを主流に持ち込むNFTトークンは間違いなく、新しい新時代のトークンです。

そこで、今回は実際にNFTに参入した世界の著名人をご紹介したいと思います!

NFTに参入した日本の芸能人

日本の場合、カテゴリーとしては、トレーディングカードがコレクターズアイテムとして人気です。

特に、アイドルやグラビアやアダルト業界の参入が目まぐるしいです。

1.明日花キララ

明日花キララは、アダルト業界の著名人でもありながら、音楽、芸能、美容などさまざまな分野で活躍する世界的人気タレントです。

彼女は、タレント特有のトークンを持つNFTプラットフォーム「TTX」にてNFTを発行しました。

世界的人気タレント「明日花キララ」さんもNFTプラットフォーム「TTX」にてNFTを発行しました。

引用元:https://tltk.io

このプラットフォームでは、そのほかにもグラビアアイドルやアダルトビデオ女優などが参加しています。

2.三上悠亜

明日花キララに続いて、セクシー女優の三上悠亜も参戦です。

三上悠亜の最初のNFTリリース

引用元:yahoo news

三上悠亜もまた、イベントチケットやアートワークにおいてNFTに参入し、成功を収めようとしています。

3.SKE48

日本で人気のアイドルグループであるSKE48が、トレーディングカード型のNFTを発行したことで、市場はより賑やかになってきています。

SKE48はトレーディングカードとしてNFTをリリースした。

引用元:https://nft.nftex.com

NFTトレカは、NFTに即時変更することができるデジタルトレーディングカードであり、画像・音声・動画などのデジタルコンテンツなどが含まれます。

つまり、保有しておくだけで、デジタル資産として機能を持つ点が人気の一つになっています

4.香取慎吾

香取慎吾が芸能だけでなく、芸術活動を行っていることは有名です。

今年9月に香取慎吾もチャリティーとしてNFTに参入した。

引用元:linecorp

9月5日に、 全額寄付のチャリティ企画として、「香取慎吾NFTアートチャリティプロジェクト」をリリースしました。

このチャリティ企画に参加し、 寄付を行うと、 香取さんが2015年に “i enjoy !”をテーマに描いた壁画のNFTアートを受け取ることができます。

このNFTアートにはLineのブロックチェーンが採用されている点も注目です。

NFTカテゴリーの記事で実際に、トレーディングカードやイベントの業界でもNFTが新しい風を吹いていると述べましたが、実際に日本でもこうした動きが見られていますね。

日本だけでなく、もちろん世界でこうした動きが盛んにみられてます。

NFTに参入した海外の著名人

日本はまだ暗号資産自体の認知が乏しく、序章に過ぎませんが、海外の方がNFT市場への参入は盛んです。

初期のNFTプロジェクトとして有名なCryptoPunksの生みの親であるLarva Labsは、United Talent Agency(UTA)と、代理契約を結んだり、

最近では、ハリウッド最大のタレントエージェンシーの1つが、NFTゲームに参入したことが話題となりました。

では、実際にNFTに参入した海外の著名人をそれぞれ見てみましょう。

1.ウィリアムシャトナー

ウィリアムシャトナーも自身の画像などからNFTを作成した。

引用元:starsontoast

最初の著名な有名人NFT愛好家の1人は、彼です。

彼は、20207月に10,000個のNFTデジタルトレーディングカードを作成しました。

合計125,000個のカードにはシャトナーの人生とキャリアの画像が掲載されていました。 

このデジタル資産は9分で完売しましたが、その理由の1つは、25枚のカードパックの価格がわずか25ドルだったことです。

しかし、それ以来、再販価格は上昇しています。

そして、シャトナーがリリースした最も希少なカードの1つは、6,800ドルで販売されました。

「カード自体は美しい過去を表しています」「ブロックチェーン上にあることの検証は、素晴らしい未来を表しています。ですから、過去と未来が混ざり合っています。」

と語っています。

2.パリスヒルトン

パリスヒルトンはNFTに熱狂している。

引用元:Paris Hilton

パリスヒルトンはNFTの非常に熱狂的な支持者です。

パリスヒルトン20213月に初めに、ハイテク起業家のキムドットコムのアドバイスを受けて、

「最初のNFTをリリースすることに興奮している」とツイートしました。

パリスヒルトンは最初のNFTをリリースした。

しかし、多くのブロガーが指摘しているように、ヒルトンは昨年すでにNFTをリリースしています。

20208月、NFTプラットフォームのクリプトグラフで猫の絵をオークションにかけ、40 ETHの売り上げ(当時は17,000ドル相当)を慈善団体に寄付しました。

3.リンジー•ローハン

リンジーローハンもNFTに参入した著名人の1人である

引用元:fans forever

Lindsay Lohanは、215日に最初のNFT57,290ドルで売却しました。それ以来、彼女はより多くのNFTを作成し、収益を寄付しています。

こ数ヶ月、ローハンはビットコインについてツイートし、より素直な仮想通貨業界の有名人の1人になりました。

ローハンはビットコインについてツイートし、より素直な仮想通貨業界の有名人の1人になりました。

NFTがイーサリアムブロックチェーンを使用しているという事実にもかかわらず、ローハンのNFTアートワークには、ローハンの2005年の映画Herbie Fully Loadedを参照する1つのデジタル絵画を含め、ビットコインが全面に書かれています。

4.グライムス

イーロンマスクの妻もデジタルアートとしてNFTに参入。

引用元:NiftyGateway

暗号通貨業界で有名なイーロンマスクの妻であるグライムがNFTを販売したことは大きな話題となりました。

2月に公開されたGrimesのNFT作品は、48時間限定の出品で、日本円で合計約6億4000万円を売り上げ、売上の一部は炭素排出量の削減専門のNGO、Carbon180に寄付されました。

わずか20分で600万ドルを叩き出した。

引用元:nifty gateway

WarNymph」というタイトルの10個のNFTのコレクションは、歌手の兄弟であるMacBoucherとのコラボレーションでした。 

現在、ほぼ全てが売り切れています。

5.キングス・オブ・レオン

ロックバンドのキングス・オブ・レオンは、流行に乗った最新の有名人の1人です。

彼らは35日に最新アルバム「WhenYouSee Yourself」を、メジャーバンドとしては初めてNFTとしてリリースしました。

キングスオブレオンもNFT音楽をリリースした。

引用元:yahoonews

アルバムは今でも従来の形式で誰でも利用できますが、6つのNFT3種類)が50ドルで販売されており、アルバムカバーの移動、デジタルダウンロード、コンサートチケット、限定版のビニールコピーなどの特典があります。

NFT自体は、ライブイベントチケットプラットフォームYellowHeartによって販売されています。

6.スティーブアオキ

スティーブアオキもまた、NFT信者の1人です。

彼はGemini が所有するブロックチェーンマーケットプレイスのニフティゲートウェイを介して、新しい音楽とアニメーションビジュアルアートをフィーチャーした独自のNFTを販売しました。

さらに、彼は、8歳のNFTアーティスト、通称「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」が夏休みの自由研究で取り組んだ「NFTアート」の3作品を本日9月17日に購入したことで話題となりました。

スティーブアオキは8歳のNFTアーティストの作品を巨額のお金で購入した。

引用元 Opensea

その額は、各2ETH(2イーサ、合計約240万円)にも及んだというから、また驚きです。

 

7.ショーン•メンデス

Shawn Mendesは、デジタル漫画のアバターを作成する会社であるGeniesと協力して、NFTの最大の市場であるOpenSeaで一連のNFTを作成しました。

引用元:Genies

Shawn Mendesは、デジタル漫画のアバターを作成する会社であるGeniesと協力して、NFTの最大の市場であるOpenSeaNFTを作成しました。

Geniesは、RihannaやJustin Bieberなどの有名人と提携して、オンラインゲスト出演用のアバターを作成しています。

8.ジャック•ドーシー

2006321日からのTwitter創設者のジャックドーシーの最初のツイートはとても印象的でした。

TwitterもNFTに参入した。

ジャックは、この最初のツイートのNFTを作成し、38日オークションにかけられていました。

そして、なんとこのNFTが291万ドルで落札されたというから驚きです。NFTマーケットプレイスValuablesBridgeOracleCEOであるSinaEstaviが落札しています。

このジャックの行動から、続々とわずかツイートをNFT化する人が現れました。

NFTに参入した芸能人まとめ

以上のように、NFTへのさまざまな業界からの注目が大なくなってきており、明らかに市場は拡大を続けています。

さらにこれは、インターネット上の有名人や小規模なクリエイターにもビジネスとして大きなチャンスをもたらします。

特に資産を大きくもう芸能人や著名人にとっては、不動産投資を行うよりも収益性の高いビジネスモデルになると考えているかもしれません。

彼らは管理された収入の流れを提供し、デジタルコンテンツを現金と交換することができます。

NFTブームはまだ序章に過ぎず、今後どのような著名人たちが参入し、話題作りを行うのか楽しみにしましょう。

参考サイト

Cointelegraph

YahooNews

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です