海外仮想通貨取引所ので評判の高いBinanceのメリットを書きました。

仮想通貨海外取引所で人気の高い「Binance(バイナンス)」は実際どうなのか?そのメリット・デメリットを調査しました。

仮想通貨を始めるのに、取引所というのは非常に重要な項目です。取引所ごとに手数料が異なるため、手数料に気を配ったり、また、コインチェックの用なことが起きないように、セキュリティ体制についても気を配る必要があるでしょう。

現在、多くの方は、ビットフライヤーやZaifなど、日本の取引所で仮想通貨の取引を行っている方も多いと思います。

しかし、日本以外の国の取引所、いわゆる海外取引所にも、最近注目が集まっているのをご存じでしょうか。

今回は、海外の取引所でも、世界最大級の取引所である、Binance(バイナンス)について解説したいと思います。日本の取引所と比べて、どういうメリット、デメリットがあるかを見ていきましょう。

Binance(バイナンス)とは、そもそもどういう取引所なのか

Binance(バイナンス)は、香港を拠点とする、海外の仮想通貨取引所になります。創業は2017年7月と新しい会社ながら、抜群のマーケティング力で、ぐんぐん取扱量を伸ばし、今では取引量は1秒あたり140万トランザクションと言われており、世界最大級となっています。

創業者のジャオ・チャンポンは、仮想通貨長者ランキング3位にも入っており、雑誌「Forbs」の表紙を飾るなど、今、世界で最も勢いのある取引所といえるでしょう。日本にも支店を構えるなど、グローバルで顧客を拡大しています。

使っているのは、アメリカ人が最も多く、次いで日本人と言われています。グローバルに人気のある取引所といえるでしょう。

Binance(バイナンス)を使うメリットとは?

では、そんなBinance(バイナンス)の、人気の秘訣はなんなんでしょうか?具体的なメリットを説明しましょう。

・取り扱いの通貨が豊富 草コイン探しにおすすめ

Binance(バイナンス)は、2018年2月時点で、約100種類もの仮想通貨の取り扱いをしています。日本で最も通貨が豊富なところでさえ、せいぜい20種類そこそこなので、この扱い通貨の豊富さは魅力の1つでしょう。もちろん、日本ではあまり知られていない銘柄もあります。流通量が小さい仮想通貨は、リスクもあるものの、大化けする可能性もあるので、一部投資家には人気があります。

Binance(バイナンス)の特徴として、投票によって、扱うコインを決めるという制度があります。つまり、ユーザーのニーズが高いコインから、順番にBinance(バイナンス)に追加されるわけです。これも大きな魅力といえるでしょう。

もちろんユーザーのニーズが高いからといって、危ないコインを上場させているわけではありません。きちんと審査をし、問題がないと認めた場合のみ、上場させているようです。上場基準も厳しいと言われています。

また、Binance(バイナンス)も独自のBinance(バイナンス)コイン(BNB)を取り扱っています。このコインについても、メリットが多くありますので、後程解説します。

・手数料が安い

また、Binance(バイナンス)の魅力は、ボリュームを背景にした、手数料の低さです。手数料は、一律0.1%となっています。

たとえばZaifの場合、ビットコインの手数料はマイナスですが、それ以外の通貨については手数料をとっています。他の取引所も、ビットコインは無料でも、他の通貨の場合は手数料をとる、というケースが多いようです。

しかし、Binance(バイナンス)は、アルトコインと呼ばれる、ビットコイン以外の通貨についても、手数料が0円になっています。アルトコインについては、日本で取引できる取引所の中では、最も安いと言っても過言ではないでしょう。

さらに、BNBを手数料支払いに使えば、なんと、0.1%と、安い手数料が、さらに半額になるのです。これも嬉しいメリットですね。ただ、これはキャンペーンの一環のようで、1年目は50%ですが、徐々に割引率が減少し、5年目以降は手数料の優遇制度はなくなるようです。とはいえ、こういった割引制度があるのは、消費者としては嬉しいですよね。

(出典:https://support.binance.com/hc/en-us/articles/115000429332-Fee-Structure-on-Binance

・セキュリティ、UXもしっかり。

セキュリティ面や、ユーザーエクスペリエンス面での対応もしっかりしています。もちろん日本語対応しているので、英語ができないからといって、怯む必要はありません。

また、セキュリティ面でも、2段階認証に加えて、ロボットでないことを証明するために、パズルを解く必要があるなど、過剰といってもいいかもしれないほど、セキュリティについては気を配っています。

本人確認ができなくても、取引ができるにはできるのですが、1日あたりの取引量は大きく制限されており、本人確認のためには、証明書、自分の顔、自筆のサインが一緒に写ったものを送らないと、本人として認識されない仕組みになっています。

仮想通貨の取引は日々発生するものなので、セキュリティやUXがよくないと、ストレスの原因にもなります。こういった点も、Binance(バイナンス)の強みといえるでしょう。


(ロボット認証の画面)

海外仮想通貨取引所ので評判の高いBinanceのメリットを書きました。まとめ

Binance(バイナンス)は、香港を拠点にする取引所で、2017年7月創業ながら、今や扱い高は世界一となっています。日本にも支店を開設するなど、グローバルレベルで規模を拡大しています。

Binance(バイナンス)のメリットは、扱っている通貨が多いこと、手数料、特にアルトコインの手数料が安いこと、そして、日々のUXやセキュリティが優れていることが挙げられます。Binance(バイナンス)は、仮想通貨取引所に求められることをすべて満たしているため、これからも順調に、口座数を伸ばしていくのではないでしょうか。

では、Binance(バイナンス)にデメリットはないのか?危険性はないのか?次回はデメリットについて書きたいと思います。
海外取引所Binanceのデメリットは?危険性はないのか?検証しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です