NFTとは何か?儲かるの?始め方について

NFT

NFTとは、Non-Fungible Tokenと言いますが、簡単に言うと、は偽造不可能なデジタルデータのことです。

NFTは、ブロックチェーン技術を用い、固有の価値を持つものとして存在します。具体的にはどのような特徴があるのか、また、なぜ2021年に大きく注目を集めているのかみていきましょう。

NFTとは

NFT

大きく言うと、代替不可能なトークンのことを指します。

代替不可能とは、その名の通り、独特であり、他のものに置き換えることができないことを意味します。

ここで暗号資産であるビットコインとの違いを例に挙げてみましょう。

ビットコイン

同じくブロックチェーン技術を用いたデジタル資産として、ビットコインは代替可能であり、NFTとは逆に、FTな資産です。あるビットコインを別のビットコイン(アルトコイン)と交換すれば、まったく同じものになります。

それを可能にする取引所というものが日本にも海外にも存在します。

暗号資産は唯一無二ではなく、他の暗号資産と交換することが可能なため、NFTではなくFT(Fungible Token、代替可能な財)です。

例えば、Aという暗号資産を100万円分持っていたとしましょう。この暗号資産は唯一無二のものではないため、別の人が持っている100万円分の暗号資産Aまたは、B、Cと交換することが可能です。

それと異なり、NFTは、独特であり、一度作成して仕舞えば、唯一無二の財として、保有することができます。

例えば、初期のNFTプロジェクトの1つであるCryptoPunksにはコミュニティがあり、Bored Ape YachtClubのような動物をテーマにしたプロジェクトには独自のクリークがあります。

NFTアート

芸術やアート、様々な業界がこれから搬入してくることが大いに予想されています。

最近では、日本人にも人気のリップル(Ripple)も、NFTファンドを立ち上げたことが話題となりました。

XRPレジャー(XRPL)でのNFT(ノンファンジブル・トークン)の新たなユースケースを探るために2億5000万ドル(約280億円)規模のファンド「Ripple’s Creator Fund」を立ち上げる。29日、XRPL開発者サミットで発表した。

このように、NFTは、保有することで、自身のブランドのようなものが立ち上がり、高級なものになる可能性を秘めていると言うことです。

NFTは儲かるのか?

さて、実際にどのようにNFTが機能し、稼ぐことができるのか、詳しく見ていきましょう。

稼ぎ方には何種類かあります。

I.NFTマーケットで取引する

1つ目の方法はNFTマーケットというところで、デジタル資産を取引するということです。

https://opensea.io

ここで、NFTの稼ぎ方について幾つかの視点で見てみましょう。

①誰でも簡単に作成し、販売できる

NFTは実際にはデジタルのものであれば何でもかまいません(図面、音楽、脳をダウンロードしてAIに変換するなど)。

現時点で、これほどまで熱狂している点としては、ブロックチェーン技術を使用して誰でも簡単に、デジタルアートを販売することができるという点です。

NFTを購入するなら国内最大級の取引所であるコインチェックがおすすめです。

コインチェックでは、独自のNFTプラットフォーム「Coincheck NFT(β版)」が用意されているため、スムーズにNFTを売買することが可能です。

先ほど紹介したNFTマーケットは誰でも参加可能ですし、コインチェックのNFTマーケットにおいてもコインチェックのアカウントを保有していれば参加できます。

Openseaのような海外のNFTマーケットでもメタマスクなどイーサリアムウォレットがあれば、誰でも取引が可能です。

②値上がりしたタイミングで売却する

実際に、今日からNFTマーケットで取引ができますので、アートを購入し、価格が上昇したタイミングで売却することで利益を獲得することができます。

最近では意図的に価格を釣り上げて売却するようないわゆるマーケティングの動きも出てきており、短期的に見てある程度は利益が得られると思います。

また、自分自身がNFTを出品するという方法もあります。

③ブロックチェーンに裏付けされた資産価値である

また、NFT自身に価値があるだけでなく、特定のものに価値を付与するために用いることもできます。例えば特定のものや証明書にNFTを合わせ、そのものや証明書が本物であることを証明するなど、幅広い場面で利用できるでしょう。

④金や株式に比べ、保有するメリットが大いにある

金や株式投資との違いとしては、先ほど述べた通り、NFTは一つひとつがオリジナルで、固有の性格や価値を有します。

見た目が同じであってもシリアルナンバーが異なるなどの独自性があるため、まったく同じものはひとつとして存在しません。

また、トレンドとして、まだ序章なので、今後価格が鰻登りに上昇する可能性が高いと言われています。

NFTアート価格

https://coinmarketcap.com/ja/nft/collections/

実際に、このようにさまざまなNFTプロジェクトが立ち上がっています。

市場規模も今後どんどん膨れ上がると予測されています。

NFT関連の暗号資産に投資をする

二つ目に紹介する方法はNFTの関連銘柄に投資をするという方法です。

実際に2021年の間に次々と価格上昇を繰り返しています。

$AXS

AXS

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/axie-infinity/

$XTZ

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/tezos/

特にゲーム関連の銘柄が大きく上昇しているのが最近の傾向となっています。

これらの通貨を早い段階から保有し、NFT市場の成長に合わせて価格差益を狙うのが投資法としてあげられます。

NFTの始め方は?

ほとんどのNFTはイーサリアムブロックチェーンの一部です。

イーサリアムはビットコインのような暗号通貨ですが、そのブロックチェーンはこれらのNFTもサポートしており、ETHコインなどとは異なる動作をする追加情報を格納します。

他のブロックチェーンが独自のバージョンのNFTを実装できることは注目に値します。 (すでに持っているものもありますが。)

では、実際に購入方法を見ていきましょう。

まずは、日本の取引所を開設する必要があります。

今回は、コインチェックを開設します。

開設方法は公式から詳しく説明されてあるので、こちらを参照してください。

https://coincheck.com/ja/article/240

OpenSeaの利用(購入・販売)には、暗号資産(仮想通貨)の「イーサリアム(Ethereum)」と、それを格納するウォレットアプリ「MetaMask(メタマスク)」が必要です。

① メタマスクを設定する

メタマスクのセットアップをします。

「ウォレットの作成」を選択して、パスワードを作成します。

※パスワードを紛失した際にもウォレットを復活させるための「シードフレーズ」は必ずメモしておきましょう。携帯やパソコンに書くだけでは、紛失の恐れがあるため、メモ帳にも残しておくことを強くお勧めします。

② メタマスクにイーサリアムを送金する

タマスクにイーサリアムを送金する

③Openseaとメタマスクを接続する

OpenSeaとMetaMaskを接続する。「Account Settings」をクリック。MetaMaskにサインインして「次へ」→「接続」→「署名」と選択していく。設定画面にはニックネームとメールアドレスを入力します。

そして、送られてきたメールの「VERIFY MY EMAIL」をクリックすれば認証が完了します。

ここまでくれば準備は完了です!

あとは、自由にアート作品などを購入できます。

まとめ

  • NFTは、トレンド市場であり、今後爆発的な伸びが期待されている
  • 初心者でも簡単に購入できる
  • 自身特有の作品を保有することで、付加価値を得て、売却利益を得ることもできる

いかがだったでしょうか?NFTは今後、仮想通貨業界では、Defiと並んで爆発的なトレンドとなっていくことが期待されています。ぜひ、この機会にNFTに参入して、機会をものにしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です