楽天証券なら楽天ポイントでインデックス投資ができるのでおすすめ

大手のネット証券会社といえば、楽天証券、SBI証券、マネックス証券を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

このほかに、日本株であれば、松井証券やカブドットコム証券が思いつくかもしれませんね。

実際のところ、この3社を比較するのは非常に難しいものがあります。これらの証券会社は、買い付けできる銘柄も、手数料も、その他のサービスも、ほぼ同じ水準だからです。

しかし、楽天証券が、現在、新しいサービスを使って、他社との差別化を図ろうとしています。

それが、ポイントを使った投資になります。今回は、楽天ポイント投資について、解説したいと思います。

楽天ポイントを使って投資ができる

楽天では、楽天ポイントを使って、投資信託を買うことができるサービスになります。

今までは基本的に現金のみでしか購入できなかったものが、ポイントで買うことができるようになったのです。

楽天を利用したことがある人は、決して少なくはないでしょう。

基本的に、楽天市場や楽天トラベルなど、楽天のサービスを利用すれば、楽天ポイントが付きます。

ヘビーユーザーでない限り、もらったポイントの使い道に困っている、という人も少なくないのではないでしょうか。

そういった、余ったポイントで、投資信託を買い付けることができるのが、今回の最大のポイントになります。

楽天ポイントの年間の流通量は2000億ポイントにもなるそうです。この2000億ポイントのうちのいくらかが、今回の件をきっかけに、投資に回るかもしれません。

具体的に、何にどれくらい投資ができるの?

では、具体的に、このポイントサービスについて解説していきましょう。

買えるのは「投資信託」のみ

現時点で、買うことができるのは、投資信託のみになります。個別株やETFを買うことはできません。

買い付け投資も、積み立て投資も

通常の投資信託の買い付けの他に、投資信託の積み立てについても、このポイントを使うことができるようになります。

利用条件はあるの?

楽天ポイントを持っており、楽天証券で口座開設をしていれば、基本的には誰でも使うことができるようです。

しかし、ポイント利用には上限があり、ダイヤモンド会員以外の場合は、1回の注文で30000ポイントまで、積み立て注文の場合は、1日の注文上限が30000ポイントまでとなっています。

また、楽天カードクレジット決済で積み立て注文をする場合は、最大で1か月100000ポイントまでが使用できます。

ダイヤモンド会員の場合は、この条件がぐっと上がって、通常注文の場合は、1回の注文で500000ポイントまで、積み立ての場合も、1日の注文上限が500000ポイントまでとなっています。

また、楽天カードクレジット決済の場合も、1か月500000ポイントまでとなっています。

ただし、 このポイントの上限というのは、他のサービス(楽天トラベルや楽天市場含む)と併用になっているので、そこは注意したほうがよいでしょう。

また、期間限定ポイントや、他ポイントから交換したポイントは使えないので、そちらも注意したほうがよいでしょう。

毎月3万ポイントと言えば、少なくても20~30万円は楽天で利用する必要があります。さすがに、よっぽど大金持ちでない限り、そこまで楽天で利用できる人は少ないですし、そこまで利用しているのであれば、おそらくダイヤモンド会員になっていることでしょう。

なので、たとえ30000ポイントであっても、使うには十分な水準ではないでしょうか。

投資しながら、ポイントをためることもできる!

さらに、楽天証券では、ポイントを貯めるサービスもたくさんあります。主なものを紹介していきましょう。

投資信託を積み立ててポイントGET

投資信託を積み立てることで、ポイントを貯めることができます。

具体的には、買い付け時と、保有時、それぞれでポイントを得ることができます。

買い付け時は、投資信託積立サービス対象のファンドのうち、申込み手数料がかかるものについては、積立約定日の翌営業日に、申し込み手数料分がポイントバックされます。

また、保有しているだけでも、ポイントが入ってきます。

投資信託残高が50万円以上であれば、残高に応じて、ポイントが付与されるのです。仮に、2000万円以上保有していれば、毎月1000ポイントがもらえます。投資が進んでいくと、2000万円というのは、決して非現実的な数字ではありません。いつかは、このレベルまで資産を保有したいですね。

お得な「マネーブリッジ」「楽天銀行ハッピープログラム」

楽天銀行と連携したサービスである、「マネーブリッジ」「楽天銀行ハッピープログラム」を使えば、よりお得にポイントを貯めることができます。

たとえば、国内株式および外国株式は、手数料100円ごとにポイントが1ポイントつきます。還元率1%です。また、国内株式の場合、信用取引も対象になります。

また、投資信託の場合は、残高10万円ごとに毎月4ポイントを受け取ることもできます。

他にも個人向け国債は、買い付け3万円ごとに1ポイント付与されたり、楽天FXでは、10万通貨ごとに1ポイント付与、日系225の先物取引での手数料100円ごとに1ポイントなど、様々な場面でポイントが付与されます。

取引資産が大きくなればなるほど、ポイントの金額も増えてきます。こういった、他のサービスとの連携がポイントがたくさんもらえるのも、楽天ポイントの特徴ですね。

取引が増えれば増えるほどお得な「超割」も!

楽天の取引システムには、「超割」と呼ばれるコースがあります。超割自体は、他の証券会社に比べて、各段に安い手数料ではありませんが、超割コースにすることで、取引手数料の1%がポイントバックされるのです。

国内株式取引(現物・信用)、投資信託、海外株式取引(米国株式、中国株式、アセアン株式)、日経225先物取引(ラージ、ミニ)、日経225オプション、海外先物、金・プラチナ取引が対象になります。

さらに、超割には、大口優遇というコースがあります。

信用取引において、新規建の約定が1日5000万円以上、または1か月で5億円以上、または取引終了時点(15時半)時点での建玉高が5000万円以上ある場合には、翌日から、また、貸株の平均残高が5000万円以上、もしくは投資信託の保有残高が5000万円以上あれば、翌月から大口とみなされます。手数料が安くなるほか、ポイントバックが倍の2%になるのです。

信用取引で5000万円作るのは大変かもしれませんが、投資信託で5000万円というのは、目標から考えても、けっして不可能な数字ではありません。こうして、取引金額が大きくなればなるほど還元率が高くなるというのは、高い目標を持つ人にとっては、嬉しいものではないでしょうか。

家族や友人を紹介してもポイントゲット

さらに、家族や友人を紹介しても、ポイントがたまります。紹介された人が口座を作成し、入金が終われば、200ポイントのポイントが手に入ります。さらに、各種取引次第では、最大3万円分ものキャッシュバックもあります。あまり知り合いを紹介する機会はないと思いますが、何かあった際には、ぜひ使いたい制度ですね。

マネックスポイント、SBIポイント等との最大の違いは?

実は、マネックスにはマネックスポイントが、SBI証券にはSBIポイントがあります。

しかし、これらのポイントと、楽天ポイントは、根本的に違うと考えています。では、何が違うのでしょうか。

それは、サービスの幅です。あくまで、マネックスポイントやSBIポイントは、証券会社、金融機関がメインのポイントです。

もちろん、取引によってポイントを得ることができるのはいいことですが、金融取引って、長期投資であれば、そんなにしないんですよね。

しかし、楽天ポイントの場合は、楽天市場、楽天トラベルはじめ、様々なサービスでポイントを得ることができますし、また、ポイントを使うことができます。

そのため、圧倒的に、ポイントを集めやすいんですね。無理なくポイントを貯めて使うという点では、楽天が一番だと言えるでしょう。ポイントが欲しいがために、無理な取引をしたりするのは、かえって本末転倒だと思います。

楽天ポイントの投資、どういったものがおすすめ?

では、楽天ポイントで投資をするなら、どういったものがおススメでしょうか。おすすめな投資信託を2種類ほど紹介します。

王道のインデックス投資

まず1つは、王道のインデックス投資でしょう。貯めたポイントが、投資信託になって、増えたとしたら、それはとても嬉しいことですもんね。

たとえば、楽天でも人気ランキング上位にいる、楽天VTI(楽天インデックス全米株式ファンド)や、楽天VT(楽天インデックス全世界株式ファンド)などは、はずれのない投資信託といえるでしょう。

他にも、eMAXISSlim 米国株式や、eMAXISSlim 先進国株式なんかも、インデックス投資としては王道といってよいでしょう。通常の投資同様、インデックスに投資するというのは、非常に理にかなっています。

アクティブ投資も、ポイントならあり?

もう1つ、ポイントという、貰ったものだからこそ、アクティブなファンドに投資するというのも手です。たとえば、ひふみプラスのようなファンドや、SBI小型成長株ファンドなど、リターン、リスクともに高くなりそうなファンドは、こういったポイントで買っていれば、値下がりしても不安になることは少ないかもしれません。

また、株式相場と逆相関の高い、金の投資信託を選ぶのも、ありかもしれないですね。

今、楽天証券がアツい?楽天ポイントで投資を加速させよう!(まとめ)

楽天証券が、ポイントで投資信託を買えるようになりました。他の証券会社と異なり、楽天は楽天市場や楽天トラベルなど、様々なサービスでポイントを提供しています。

そうやって集めたポイントで、資産運用ができるというのは素晴らしいですね。また、楽天証券自体でも、様々な方法を使ってポイントを貯めることができます。

ポイントで投資するファンドは、王道なところでいうと、やはりインデックスファンドでしょう。コツコツポイントを使って投資すれば、いつかバカにできない金額になるかもしれません。

もしくは、貰ったポイントだから、思い切って、リスク、リターンともに高い、アクティブファンドに投資するのも1つの手段かもしれませんね。

手順としては

1.「楽天クレジットカード」を普段の買い物に使うなどしてコツコツポイントを貯める

2.「楽天証券」で貯まったポイントで投資信託等に投資する

という感じで、少しずつではありますが、投資をしていくと良いでしょう。

楽天VTI(楽天インデックス全米株式ファンド)や、楽天VT(楽天インデックス全世界株式ファンド)などは、はずれのない投資信託と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です