2021年に最も成功したNFTプロジェクトは?

2021年に最も成功したNFTプロジェクト

ブロックチェーンの世界で、NFTは最新の現象であり、2021年3月に6,900万ドルのNFTの販売額を突破しました。 多くの人々がNFTに関心を持ち、NFTについて学ぶことへの情熱が高まっています。  

そこで、今回は、2021年に実際に成功したであろうプロジェクトをいくつか紹介し、その将来性について考えていきます。これから、NFTに参入しようと思っている方は是非参考にされてください!

NFT(非代替トークン)とは?

非代替トークンは、固有のデジタルアセットを表し、イーサリアムやビットコインなどの代替可能アセットとは異なります。

非代替トークンは、固有のデジタルアセットを表し、イーサリアムやビットコインなどの代替可能アセットとは異なります。

代替可能資産は価値が等しく、取引において互いに代替することができます。ただし、NFTは完全に異なり、操作には大規模な仮想レジストリが必要であるため、ブロックチェーンが必要になります

イーサリアム、ビットコイン、フローなどのブロックチェーンプラットフォームは、NFTのブロックチェーンをすでに確立しています。

ブロックチェーン上の実世界の資産のトークン化は、特定のエンティティに関連する情報の安全な検証を保証するのに役立ちます。

NFTトークンは、オーディオファイルやビジュアルファイルなどのさまざまなタイプのデータを識別するためにも実装されています。さらに、NFTはゲーム業界、アート、その他の業界などの多くの分野でもアプリケーションを見つけており、2021年にNFT市場が成長する好機を確立しています。

2021年はNFTの年となる

すでに、NFT業界にはバブルが起きていると断言できるでしょう。

DappRaderが今年上半期に出したレポートではすでにその市場規模は2700億の売り上げに達したと報告されています。

実際に、CryptopunksなどではNFT作品の価格は数千万円ほどまで高騰しており、バブルの可能性を認めないのは難しいです。

いづれにせよ、NFTトークンに投資する前に、独自の調査を行うことが重要です。これらのプロジェクトは評価が難しい場合があり、多くのNFTは流動性が低いため、将来的に収集したアート作品などを販売するのに非常に苦労する可能性またはリスクもあります。

2021年に成功したNFTプロジェクトをご紹介

さて、本題ですが、今年最も成功したプロジェクトをいくつかみてみましょう。

ここに挙がるプロジェクトはほんの一部に過ぎませんが、間違いなく今年成功を収めたプロジェクトです。

1.CryproPunks

CryptoPunk#3100がこれまでに販売された2番目に高価なNFTです。

引用元:Larvalabs


CryptoPunks
は、イーサリアムで最初の代替不可能なトークンプロジェクトとして2017年に立ち上がりました。

CryptoPunksのもう1つのユニークな特徴は、合計で10,000しかないことです。開発者はこれ以上作成しないか、これらのパンクの流通を制御できません。

イーサリアムネットワーク上で1人のパンクを所有しているのは1人だけであり、イーサリアムウォレットを持っている人は誰でも自分でパンクを手に入れることができます。

実際、これらは市場で作成された最初のNFTであり、NFTのブームの後、現在、それらの多くは数百万で販売されています。

2.Axleinfinity

Axis infinity は、25万人のユーザーを誇るゲーム関連のNFTプロジェクトです。

引用元:Axieinfinity

AxieInfinityは、ゲーム業界のNFT市場を牽引を続けているプロジェクトの一つです。

600億ドルの価値があるビデオゲーム業界は、2023年までにすべて2,000億ドル以上の成長が見込まれています。

執筆時点では、Axie Infinityマーケットプレイスが世界最大の市場規模を誇るOpenSeaに迫る取引高を示しています。

https://dappradar.com/nft/marketplaces

Axiesは、人気のあるブロックチェーンベースのゲームAxieInfinityをプレイするために使用されるキャラクターです。

ゲームをプレイするには3つのAxiesが必要です。プラットフォームがより多くのユーザーを引き付けるにつれて、Axiesの価格は自然に上昇します。

プレイヤーは、常にゲームをプレイすることで、プレイヤーはNFTを使用して他のプレイヤーと取引できるアセットを蓄積することができます。

そして、自分の経験でより多くのトークンを蓄積し、ゲームの専門知識を向上させるためのより良いツールを購入することができます。

したがって、ゲーム業界は、2021年のNFTの成長について非常に有望で収益性の高い見通しを示しています。

3.Bored Ape Yacht Club

Bored Ape Yacht Club は、Cryptopunksに類似した、類人猿をモチーフとしたNFTプロジェクトです。

引用元:BAYC

Bored Ape Yacht Clubは、NFTがオンラインアバターとして一般的に使用されているという点でCryptoPunksに似ています。

このプロジェクトは、さまざまな属性と希少性を持つ漫画のイラストのような類人猿を特徴としており、1か月前、約1 ETHApeを手に入れることができ、このプロジェクトは業界で最も評価の高いNFTグッズの1つになりました。

BAYCは、10,000個のBored Ape NFTのコレクションであり、Ethereumブロックチェーンに存在するユニークなデジタル収集品です。

引用元:BAYC
BAYC
NFTは現在、NFTマーケットプレイスのオープンシー(OpenSea)で最低価格40イーサリアム(約1600万円)で販売されています。オークションは価格に大きな影響を与えなかったようで、92日〜9日までの入札期間中、価格はこの水準で推移しました。

4.Proof of beauty

NFT標準に関する一連の芸術的研究と、スマートコントラクトを活用して独自の暗号化アートパブリックインスタレーションを作成します

引用元:Pob studio 
Proof of beauty
イーサリアムブロックチェーンの歴史を文書化して祝うことに焦点を当てた革新的なNFTプロジェクトです。

Proof of Beautyの最初のNFTシリーズである$HASHを使用すると、ユーザーは個人的および歴史的なブロックチェーントランザクションを実行して、それらを美しいNFTアートワークに変えることができます。

Vitalikの最初のEthereumトランザクションからJayZCryptopunkの購入まで、Proof of Beautyのアルゴリズムは、トランザクションのメタデータをカラーパレット、形状、テクスチャーなどに統合するようになっています。

また、Proof of Beauty2番目のシリーズであるLONDONは、8,888点のジェネレーティブアート作品のコレクションでした。すでに完売済みです。

このようにProof of beautyでは、イーサリアムの歴史を文書化することから開始し、それを自分たちで作成したり、販売したりすることが可能です。

5.The sandbox

NFTトークンに投資するための最もユニークな方法の1つとして、仮想の土地があります。

土地を売買できるバーチャルリアリティエコシステムはTheSandboxなどが有名です。

土地を売買できるバーチャルリアリティエコシステムはTheSandboxなどが有名です。

引用元:sandbox

これらのプラットフォームを使用すると、不動産の開発を通じて土地を現金化できます。

いわゆる不動産のような形であるため、わかりやすく投資家は熱狂しやすいです。

一部の投資家は、カジノ、遊園地、NFT博物館を作って土地を現金化しています。

暗号資産の価値は上がり続けており、The sandboxの基軸通貨である$SANDも同様です。

暗号資産の価値は上がり続けており、The sandboxの基軸通貨である$SANDも同様です。

 

引用元:Binance

 

また、この暗号資産だけでなく、この仮想現実の土地を投機的な投資として購入し、後で売却するだけで、莫大な利益が得られる場合があります。

NFTトークンの将来はどうなるか

2021年のNFTの将来に関する予測としては、暗号資産の空間で、それらが享受している評価や卓越性に大きく依存しています。

ビットコインは現在高い評価を得ており、イーサリアム2.0はそのジェネシスブロックの立ち上げに成功していますが分散型金融は引き続き注目を集めています。

一方で、NFT関連のニュースも今年はつきませんし、多くの有名人の支持を得ています。

しかしながら、あまり注目もされず評価もされない作品は淘汰されていくのは常に同じです。

今後は、より人気があり、実用性の高いものに資金が集まっていくことが予想されます。

注目すべきプロジェクトは長期的には存続する可能性がありますが、現時点でNFTの周りに多くの誇大宣伝があることは明らかなようにも感じます。

NFTへの投資を計画している場合は、必ず独自の調査を行い、余剰資金で投資するようにしましょう。

2021年に最も成功したNFTプロジェクトのまとめ

 

2021年はNFTの年となりました。上記に示すプロジェクトはほんの一部に過ぎません。

以下簡単にまとめた表です。

プロジェクト名 ジャンル 独自通貨 最高販売額(ドル) 注目度
Cryptopunks アート なし 1470万ドル
Axieinfinity ゲーム $AXS 105万ドル
BAYC アート なし 2440万ドル
POB 美術 $HASH
The Sandbox 不動産 $SAND

cryptopunksは今年最初のプロジェクトということもあり、人気が爆発的にあり、Axieはゲームという特性から日々25万人のユーザー数を誇るほど人気が高くなっています。そして、これまでの最高販売額だけで見ると、BAYCが最も高い額を出しています。

何が人気かを考えると、やはり使いやすさや人気に依存しており、不動産や芸術品は少し敷居が高いように思えます。

いかがでしたでしょうか?

こうしたNFTプロジェクトに関するより深い知識は、多くの業界での採用を推進する役割があります。

2021年のNFTトークンの成長は、将来の成長の可能性を確立するための唯一の指標ではないため、NFTを採用するための明確な目標を描き、その機能を理解することが重要です。

参考サイト

forbes

Coinmarketcap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です