トップNFTマーケットプレイスを徹底的に比較!最も優秀なマーケットプレイスは?

2021年の初めには、NFTの人気が大幅に高まりました。NFTトークンは、デジタル商品または資産の所有権を証明する役割を担います。

今のところ、最も高価なNFTの販売額は莫大な6900万ドルであり、NFTの人気は、202131日から531日までの間で40,000以上もの購入者がいたという事実からも明らかです。 

今回の記事ではトップのマーケットプレイスを比較し、さまざまな項目で比較をしたいと思います。

トップNFTマーケットプレイスを理解する

NFT取引を開始する場合は、売買するためのマーケットプレイスが必要です。

現在、オンラインで利用できるさまざまなマーケットプレイスには独自の利点があり、特定のユースケースに焦点を当てています。

現時点では、最も好ましいNFT取引市場には、MintableNifty GatewayOpenSea、およびRaribleが挙げられます。

これらの4つの選択肢の中から最良の選択肢を見つけるために、これらのプラットフォームの概要を見て、簡単な評価をしていきましょう。

Mintableミンタブル

 

Mintableは、 あらゆる作品をブロックチェーン上のアイテムに変えるマーケットプレイスです。

MintableNFTトークンを使用して、ブロックチェーン上で資産を作成、配布、購入、販売、およびデジタル取引するために調整されたプラットフォームです。

イーサリアムのスマートコントラクトがMintableの基盤として機能します。

Mintableを使用すると、ユーザーはデジタルコンテンツをブロックチェーン上にあるNFTに変換できます。デジタルコンテンツには、本、画像、ビデオ、音楽トラック、さらには複雑なデジタルファイルが含まれる可能性があります。

さらに、Mintableの特定のデジタルアイテムには、所有者のみがアクセスできるプライベートファイルが含まれており、コンテンツ作成者は初期の暗号投資なしでデジタルブランドを現金化することもできます。

市場規模★★

知名度★★★

手数料★★★

簡便性★★★

収益性★★

NiftyGatewayニフティゲートウェイ


2番目のエントリーは、Nifty Gatewayです。

こちらも、アートワークやデジタル収集品を販売したり、取引可能です。

NNifty Gatewayを使用すると、アート、ゲーム、音楽などのさまざまな種類のアセットをNFTに変換できます。 

現在、ニフティチームの監督の下、音楽とアートの分野では、ほぼ独占的なマーケットプレイスとして機能しています。

デジタルアートの分野で独占的なマーケットプレイスである。

引用元:NiftyGateway

ユーザーは、メタマスクを使用してNiftyGatewayOmnibusWalletにアップロードでき、OmnibusWalletへのNFTデポジットも可能です。

さらに、Nifty GatewayWebサイトで申請して、NFTクリエーターになり、アートワークを販売することもできます。  

市場規模★★★

知名度★★★★

手数料★★★

簡便性★★★★

収益性★★★

Openseaオープンシー

Open seaは世界最大のマーケットプレイスである。

三つ目のエントリーは、OpenSeaマーケットプレイスです。

希少なデジタル商品の購入、販売、および取引をサポートできる、多産な分散型P2Pマーケットプレイスとして機能します。

イーサリアムブロックチェーンで機能し、デジタル商品の最大の市場であるとの意見が多いマーケットプレイスです。

その特徴としては、利用可能なアイテムの幅広い品揃えです。

新しいアイテムの最もリーズナブルな価格で200以上のカテゴリのアイテムを見つけることができます。

さまざまな品揃えがある。

引用元:Opensea

さらに、ユーザーはデジタルトレーディングアート、スポーツNFT、分散型ドメイン名、デジタルコレクティブル、ユーティリティNFT、仮想世界、トレーディングカードを利用できます。

何よりも重要なのは、Gods UnchainedCryptopunksCryptokittiesなどの多くの有名なNFTプロジェクトの場合、OpenSeaがマーケットプレイスとして推奨されているという点です。

さらに、NFTの購入価格の手数料が2.5%しか、かからない点も利点の一つです。

市場規模★★★★

知名度★★★★★

手数料★★★★

簡便性★★★

収益性★★

Rariable(ラリアブル)

シンプルなNFTマーケットプレイスである。

Raribleは、今回最後に挙げる競争相手の1つです。

トークン化されたアートワークを作成および販売する機能を備えたデジタルアーティストが可能になります。

Raribleは、2020年の初めに開始したばかりであり、この比較の他のエントリの中で最新の追加です。

Raribleの顕著な特徴は、アートワークに非表示のメッセージや高解像度ファイルなどのさまざまなタイプの追加コンテンツを追加する機能です。 

さらに、Raribleを使用すると、コンテンツクリエーターは、将来、アートワークの使用料を徴収するためのスマートコントラクトを構成することもできます。

より技術的な観点から、Raribleは、DAOとして機能する点が大きな特徴です。

DAOを使用すると、ユーザーは、イーサリアム環境のセキュリティを確保しながら、ERC-20、ERC-1155、およびERC-721トークンを最大限の安全性で作成および販売できます。 

Raribleは、NFTテクノロジーとDAOマーケットプレイスの完璧な融合をもたらします。

さらに、Raribleは、NFTの世界でRARIのようなガバナンストークンを最初に導入した企業でもあり、このRARIトークンは、プラットフォームルールや料金管理などの提案を送信および投票するための特権を提供します。

市場規模★★★★

知名度★★★

手数料★★★★

簡便性★★★

収益性★★★★

MintableNifty GatewayOpenSeaRaribleの比較

簡単な紹介と評価を述べましたが、次に実際にそれぞれのマーケットプレイスを重要な評価項目で比較していきたいと思います!

違いを明確に定義するためにさまざまな要素が考慮されます。

これは、さまざまなカテゴリの4つのNFTマーケットプレイスの違いの概要です。

①プラットフォーム 

Nifty GatewayOpenSea、およびRaribleの最初の比較ポイントは、企業を参照しています。

Mintableはシンガポールを拠点とするベンチャーであり、際立っており、他の3つのプレーヤーは米国を拠点としています。

MintableNiftyGateway2018年にリリースされましたが、OpenSea1年前で、2017年にリリースしました。Rarible2020年初頭にリリースしました。 

②ターゲットオーディエンス

ターゲットオーディエンスは、比較において非常に重要な要素としても機能します。

Mintableのオーディエンスは、デジタル取引アイテムのプラットフォームを検索し、暗号資産を獲得する個人で主に構成されます。

Nifty Gatewayは、高品質の限定版NFTの独自のコレクションを作成するためのオンラインプラットフォームを探している人々に適しています。 

スマートコントラクトを活用してブロックチェーンベースのデジタル資産を取引するためのマーケットプレイスが必要な場合は、OpenSeaが有効です。

ブロックチェーンで保護されたデジタルアイテムの作成、販売、収集のために、クリエイターに焦点を当てたNFTマーケットプレイスが必要な場合は、Raribleが最適です。 

③トレーニングサポート

トレーニングサポートは、NFTマーケットプレイス間の違いを定義する上で重要な側面の1つです。

NFTマーケットプレイスの機能は、ユーザーがその使用方法を知らなければ無駄になります。したがって、NFTプラットフォームの使用を開始し、基本的なプロセスとタスクを理解するためのトレーニングサポートの機能は、効率的な選択肢を見つけるために非常に重要です。 

4つのプラットフォームはすべて、トレーニングサポートとして公式のドキュメントを提供しています。

一方、Nifty GatewayRaribleには、ライブオンライントレーニングの機能も含まれており、一歩進んでいます。

ただしいづれもウェビナーのような機能はまだありません。

④テクノロジーの統合

比較の最後の側面は、テクノロジー統合の柔軟性に焦点を当てます。NFTプラットフォームを採用する場合、他のツールの機能を使用する必要があるため、テクノロジーの統合は重要です。

Mintableは、と以下のウォレットの統合をサポートします。

  1. イーサリアム
  2. メタマスク
  3. レインボーウォレット
  4. アンストッパブルドメイン
  5. トラストウォレット

Nifty Gatewayは、イーサリアムおよびメタマスクとの統合のみを提供します。

一方、Raribleは、上記に加えて、Coinbase WalletWalletConnectMyEtherWalletTorus、およびFortmaticとの統合もサポートしています。 

ただし、OpenSeaは、他のさまざまなツールとの統合をサポートしているため、テクノロジーの統合に関しては明らかに優秀です。

15以上のツールと統合するための柔軟性を提供しています。

トップNFTマーケットプレイスの比較まとめ

次の差分表で、Mintable vs Nifty Gateway vs OpenSea vsRaribleの比較を簡単にまとめました。

MINTABLE NIFTY OPENSEA RARIABLE
プラットフォーム シンガポール US US US
オーディエンス 初心者、中級者向け 上級者向け 上級者向け 初心者向け
サポート 文書のみ ライブサポート 文書のみ ライブサポート
テクニカル統合
  • Ethereum
  • Metamask
  • Rainbow wallet
  • Unstoppable Domains
  • Trust wallet
  • Ethereum
  • Metamask
  • Ethereum
  • Metamask
  • Arkane
  • Authereum
  • Dapper
  • Bitski
  • Coinbase wallet
  • Opera Touch
  • Walletlink
  • Torus
  • Walletconnect
  • Portis
  • Unstoppable
  • Fortmatic
  • Mintbase
  • Kaikas
  • Ethereum
  • Metamask
  • Torus
  • Coinbase
  • Wallet connect
  • Fortmatic

 

 

まず、プラットフォームを使用するためのトレーニングサポートの機能に注目します。

すべてのプラットフォームがトレーニングリソースとして公式ガイドがありますが、Nifty GatewayRaribleは、ライブオンライントレーニングの機能をさらに一歩進めています。

ただし、テクノロジー統合のサポートに関しては、決定的な結果となってます。

OpenSeaは最大16個のツールの統合をサポートし、Mintable5個のツールとの統合と2個のNiftyGatewayをサポートします。 

最後に、オーディエンスに基づく4つなマーケットプレイスの違いは、各プラットフォームが特定の目的を果たしていることを示しています。

したがって、以上のように目的にあった希望するユースケースの要件に完全に適合する理想的なNFTプラットフォームを選択できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です