NFTにはどんな種類があるのか?さまざまなカテゴリーのNFTを例をあげて紹介!

NFTトークンは2021年に注目を集めた注目すべきトピックの1つです。

ブロックチェーンテクノロジーの基盤に基づく独自のデジタル資産は、最近非常に人気があります。その結果、近年、さまざまなNFTタイプを理解することへの関心が高まっています。

2021年に成功したプロジェクトがすでにいくつかあります。下の記事を参考にされてください。

2021年に最も成功したNFTプロジェクト

これらのプロジェクトはいくつかのカテゴリーに分類することができ、さまざまな種類のNFTを知っておくことは、今後投資する上で良い決定を下すのに役立つ可能性があります。

そこで今回は、NFTのカテゴリーを紹介し、各カテゴリーの代表的なプロジェクトについて詳しく説明していきます!

NFTはいくつかのカテゴリーに分けることができる

実際のところ、NFTは芸術の領域だけに制限されているわけではなく、独自の特性とユースケースを備えたさまざまなタイプのNFTを見つけることができます。

現時点では、人気のNFTトークンのカテゴリには、次のものが含まれます。

  • 収集品
  • アートワーク
  • イベントチケット
  • 音楽とメディア
  • ゲーム
  • 仮想アイテム
  • 実世界の資産
  • アイデンティティ
  • ドメイン名

これらのさまざまなカテゴリーのプロジェクトの例を実際に見てみましょう。

1.Cryptokitties (収集品)

NFTの収集品として最も重要な例として、オンライン収集品であるクリプトキティの開発があります。

実際のところ、クリプトキティはNFTを使用する最初の例です。

NFTの最も重要な例として、オンライン収集品であるクリプトキティの開発があります。

引用元:cryptokitties

興味深いことに、2017年に非常にクリプトキティの人気が出たことが原因で、イーサリアムネットワークが混雑しました。

クリプトキティは、デジタル収集品のカテゴリのNFTトークンリストへの印象的な追加の1つです。

 

デジタル猫であるCryptokittiesは直近で400万円ほどで取引されている。

これらは、いわゆるデジタル子猫であり、現実世界の猫よりも人気があるかもしれません。

2.CryproPunks (アートワーク)

アートワークもNFTのもう1つの有力な候補です。

アートは、NFTの最も人気のある形式であり、現在、最も高価なNFTの多くはアート作品です。

Lunoによると、これまでに販売された中で最も価値のあるNFTは、有名なアーティストによって販売された6900万ドルのアートワークでした。

これは、創造性とテクノロジーの独自の組み合わせを特徴とするプログラム可能なアートを指します。

現在、特定の条件下でのプログラムの範囲の中で、多くの限定版のアートワークが流通しています。

オラクルとスマートコントラクトの使用は、アーティストがブロックチェーンネットワークで表される画像を作成するのに役立つ可能性があります。

CryptoPunksを例に挙げると、基本的に、これらはアートと見なされる24×24ピクセルの画像です。

引用元:CryproPunks

実際、最も興味深い事実は、すべてのパンクがユニークであるということです。そのため、いづれもNFT市場で非常に価値があります。新しい形式のアセットトークンと言えるでしょう。

さらに、公式Webサイトからすべてのパンクをチェックして、パンクの特徴や特性、および現時点での価値を確認できます。

 

このように実世界の資産とアートワークのトークン化は、NFTの採用を促進するのに役立つ可能性があります。

アートワークのNFTタイプにより、ユーザーはブロックチェーンネットワーク上で実際のアートワークの所有権を簡単に登録できます。

さらに、ユーザーは、以前の所有権や過去に販売された価格など、アートワークの完全な履歴を確認することもできます。

3.Rariable(音楽とメディア )

音楽とメディアの領域でもNFTの実験が試みられており、それによって別のカテゴリのNFTが生まれています。

音楽ファイルとメディアファイルをNFTにリンクすることが可能であり、それによって、真の所有権を主張する個人がファイルにアクセスできるようになります。

アーティストがNFTとして曲を作成するのに役立つ著名なプラットフォームには、Raribleが有名です。

アーティストがNFTとして曲を作成するのに役立つ著名なプラットフォームには、Raribleがあります。

引用元:Rariable

アーティストはフォロワーや新しいオーディエンスに直接連絡できるという利点がありますが、リスナーはプレミアムな体験を得ることができます。

NFT音楽を購入するメリットとしては、ビンテージレコードを自身で作れる点です。

このような音楽NFTの増加は、音楽の著作権侵害と仲介者の懸念に対処し、信頼できる見通しを提供する可能性があります。

4.Axie(ゲーム)

Axieinfinityはゲーム業界で有名なNFTである。

ゲームの領域で一般的なタイプのNFTトークンは、主にゲーム内のアイテムに焦点を当てています。課金アイテムと同じです。

NFTは、ゲーム開発者の間で深い関心を呼び起こしており、ゲーム内アイテムの所有権レコードの機能を提供できるため、ゲーム内経済の成長を促進できます。

何よりも重要なのは、ゲームセクターのNFTは、プレーヤーにさまざまなメリットをもたらすことにも焦点を当てていることです。

ゲーム内の収集品はゲームをより良く体験するための一般的な要件でしたが、NFTにはその価値を変える可能性があります。NFTとしてのゲーム内アイテムは、ゲーム外で販売することで簡単にお金を回収するのに役立ちます。

一方、ゲーム開発者またはNFTを発行する作成者は、オープンマーケットプレイスのアイテムの販売ごとにロイヤルティを獲得することもできます。

5.Decentraland(不動産)

土地をトークン化するNFTプロジェクトです。

引用元:decentraland

実世界のアイテムのトークンとして機能するNFTタイプを多くは、現状見つけることはできませんが、NFTドメインの進歩によりそれが実現する可能性があります。

たとえば、多くのNFTプロジェクトは現在、高級品と並んで不動産のトークン化に焦点を合わせています。

NFTは基本的に土地などの証書として機能し、NFT証書を使用して車や家を購入するための柔軟性を導入できます。

したがって、実際の資産を表すNFTは、暗号化された所有権の証明を使用して機会を利用できます。

NFTカテゴリーのまとめ

 

今回例に挙げていないNFTのアプリケーションの他の分野としては、ハッキング防止データストレージ、ID、イベントチケットなどがあります。

特にID管理でのNFTの使用は、所有権の証明としてNFTの採用の成長に信頼できる利点も提供します。

NFTトークンの重要な特徴の1つは、希少性です。すべてのNFTは一意であり、他のトークンと交換することはできないため、IDベースのNFTは、個人がIDを失うリスクなしにIDの証拠を保存できるようにすることもできます。    

最近人気が高まっているドメイン名も同じです。

NFTを使用したID証明書の個性とセキュリティにより、NFTを使用して資産の所有権を証明する機会が増えます。

このように、NFTトークンは、情報の所有権とデータのプライバシーに革命をもたらす信頼できる新しい代替手段であり、NFT市場ではまだ発見されていないことがたくさんあります。

今、さまざまなNFTが購入され、販売されていますが、私たちはまだ氷山の一角にいるということを忘れないでください。

時間が経つにつれて、カテゴリーのリストは増え続けます。今後、多くのカテゴリーで成長していくことでしょう。

参考サイト

Make use of.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です