ビットコインETFの概要、種類、メリットデメリット、買い方を徹底解説!

上場投資信託 (ETF)の人気の高まりを利用しようとしている暗号通貨愛好家や投資家にとって、ビットコインETFの可能性は、最良の機会です。

今年の10月ついに、ビットコインに連動する米国初の上場投資信託(ETF)の取り引きが始まり、暗号通貨業界では、新たな節目となる出来事となりました。

そこで、今回はビットコインETFの今後の見通しについて考えていきたいと思います!

ビットコインETFの概要

ビットコインETFはデジタル通貨の価格を模倣しているため、投資家はビットコイン自体を取引せずにETFを購入できます。

ビットコインETFに投資することで、暗号通貨の投資家に必要な複雑なストレージとセキュリティ手順の問題を排除できます。

ビットコインETF承認への道のり

ビットコインETFのローンチを検討している企業は、長い間、規制当局との問題に直面していました。

有名なデジタル通貨取引所であるGeminiの関与で有名なキャメロンとタイラーウィンクルボスは、ウィンクルボスビットコイントラストと呼ばれるビットコインETFを立ち上げるように要求しましたが、2017年にSECに拒否されました。

拒否の理由は、ビットコインがほとんど規制されていない取引所で取引されており、詐欺や価格操作の影響を受けやすいためです。

しかし、ウィンクレボス兄弟は諦めず、2018年6月19日、米国特許商標庁によって、上場取引型金融商品のWinklevoss IPLLPと呼ばれる会社の特許を授与しました。

何も、彼らだけがビットコインETFを最初に成功裏に立ち上げようとしている唯一の暗号通貨愛好家ではなく、

ビットコイン先物の実現を担当する取引所であるCboeGlobal Markets(CBOE)も、SECにデジタル通貨関連のETFも申請しましたが、SECに2018年に拒否されています

さらに、VanEckとビットコインに関連するプロジェクトを持つフィンテック企業であるSolidXは、2018年の初めにVanEck SolidX Bitcoin TrustETFの計画を発表しました。

このように、2017年以降、何年もETFは拒否され続けていました。

VanEckのCEOであるJanvan Eckは、CoinDeskに対して、以下のように述べています。

現在規制プロセスを通過している他の構成よりも優れたものをまとめて構築すると信じています。適切に構築された物理的に裏付けられたビットコインETFは、ビットコインの価格へのエクスポージャー、および保険コンポーネントは、ビットコインの調達および保有のオペレーショナルリスクから株主を保護するのに役立ちます。

そしてついに、2021年に、VanEckやProsharesのビットコインETFが承認されたのです。

これは、潜在的なビットコイン先物ETFの序章に過ぎないと多くの人が信じていることを意味します。

ビットコインETFの仕組み

ビットコインETFの潜在的なメリットとリスクを確認する前に、ビットコインETFの仕組みについて理解していきましょう。

ETFは、特定の資産または資産グループのパフォーマンスを追跡する投資手段です。ETFにより、投資家は実際に資産を所有することなく投資を分散させることができます。

ETFは資産を分散できる

利益と損失のみに焦点を当てたい個人にとって、ETFは個々の資産を売買するよりも簡単な代替手段となり得ます。

また、多くの従来のETFは、持続可能性に焦点を当てており、ビデオゲーム業界や関連ビジネスを代表する株式など、共通点のある投資を対象としているため、投資家は保有を簡単に分散できます。

ビットコインETFの種類

現在購入可能なビットコインETFは、BITOティッカーシンボルで取引されているProSharesビットコイン戦略ETFです。

メリーランド州ベセスダに本拠を置く上場取引型金融商品のプロバイダーであるProSharesは、2021年10月19日にビットコイン戦略ファンドの取引を開始し、最初のビットコインETFであるBITOを開始しました。

注意すべきもう1つのビットコインETFはBTFです。

米資産運用会社ヴァンエック(VanEck)が申請するビットコイン先物ETF(上場投資信託)であるビットコイン・ストラテジー・ETF(BTF)が、米国証券取引委員会SECから承認を受け、10月25日より、シカゴ・オプション取引所(Cboe)で取引可能になりました。

引用元:Bloomberg

BTFは取引開始時の25ドルから2.8%下落し、出来高は310万口余り、売買代金は約7800万ドル(約88億5500万円)となりました。

この時、ビットコインは20日に6万7000ドル弱と、過去最高値を更新していたのもまた事実であり、現物市場にも影響がありました。

ビットコインETFのメリット・デメリット

ビットコインETFが単に暗号通貨自体の価格を反映しているのであれば、なぜビットコインに直接投資しないのでしょうか?

これにはいくつかの理由があります。

①セキュリティや面倒な手順が必要ない

まず、ETF投資家はビットコインや他の暗号通貨の保持に関連するセキュリティ手順を気にする必要はありません。

さらに、 その過程で暗号通貨取引所に対処する必要はありません。投資家は、従来の取引所や市場を通じてETFを売買するだけです。

ビットコインETFは、世界で最も人気のあるデジタル通貨の価格を模倣したものです。

これにより、投資家はビットコイン自体を取引するという複雑なプロセスを経ることなく、ETFを購入することができます。

さらに、ETFの保有者はビットコイン自体に直接投資されないため、暗号通貨の投資家に必要な複雑なストレージとセキュリティ手順について心配する必要はありません。

②ビットコイン現物投資にはない取引手法がある

ビットコイン自体ではなくビットコインETFに焦点を当てることには、もう1つの重要な利点があります。

ETFは投資手段であるため、ビットコインの価格が将来下がると信じている場合、投資家はETFの株式をショートセル、つまり空売りすることができます。

これは、従来の暗号通貨の現物市場で実行できることではありません。

 原資産の価格が下がると思われる場合は、ビットコインETF株をショートセルできます。これは、ビットコイン現物投資自体に投資にはない利点です。

③暗号通貨よりも世界で幅広く認知されている

おそらく最も重要なのは、デジタルコインやトークンの人気が高まっているにもかかわらず、ETFは暗号通貨よりも投資の世界全体ではるかによく理解されていることです。

あえて、一見複雑に見える暗号通貨よりも、すでに理解している株式取引の方が取引しやすいというユーザーの方が多いはずです。

また市場規模の大きさの違いも然りです。

ただし、デメリットもあります。それは主にユーザーエクスペリエンスの面です。

  • 暗号通貨は24時間年中無休だが、ビットコインETFは株式取引に分類されるため、取引時間に制限がある
  • 個人で保有しないため、保有手数料がかかる

ビットコインETFを購入する方はこのようなメリット、デメリットを天秤にかけて参入する必要があります。

ビットコインETFの買い方

残念ながら、日本ではまだ購入できるサービスがありません。

ですが、今後のために手順だけでも頭に入れておきましょう。

今回は、ロビンフッドアプリでBITOを購入する方法をご紹介します。

開始方法は次のとおりです。

公式サイトから、Robinhoodアプリをダウンロードして、オンボーディングプロセスを実行します。

次に、アカウントに資金を提供する必要があります。

下部のタスクバーにあるウォレットアイコンをクリックします

 

 

 

3.預金資金をタップします。初めての場合は、 銀行を選択して資格情報(オンラインバンキングのユーザー名とパスワード)を入力するように求められます。

この情報は、ロビンフッドが銀行をアプリにリンクできるようにするために必要です。また、電話番号に送信されたコードを入力して、本人確認が必要になる場合もあります。

4. Robinhoodアプリにリンクするアカウントを選択すると、「アカウントがリンクされました」というウィンドウがポップアップ表示されます。

5.ウォレットアイコンをもう一度クリックして、ビットコインETFに投資したい金額を入金します。

6.ご希望の金額を入力した後、アカウントに資金が提供されたら、そのビットコインETFを入手できます。

 

検索バーにBITOと入力します。ProSharesビットコイン戦略ETFをクリックします。

8. [購入]をタップします。

利用可能な資金に応じて購入できる株式数を入力します。

BITO概要や約40ドルで取引されている場合、ロビンフッドのアカウントに500ドルの資金を提供した場合、最大12株を購入できます。

9.上にスワイプして送信すると、最初のビットコインETF購入できました。

ビットコインETFのまとめ。今後の展開は?

SECはこれまでデジタル通貨ETFを承認していませんが、ついに今年先物が承認されました。

これは、今後の暗号通貨市場にも大きく左右する出来事です。

SECはまた、ビットコインETFアプリケーションをコメントに公開し、コメント提供者の大多数が新製品の承認を表明しました。

多数のETFのリスト

引用元:Bloomberg

最初のビットコインETFが発売された場合、暗号通貨愛好家と従来の投資家の両方が参加するため、早期に成功する可能性があります。

同様に、ビットコインETFの上昇は、ビットコインの利益を促進するのにも役立つ可能性があり、他の多くのデジタル通貨はビットコインのパフォーマンスと密接に関連しているため、暗号通貨市場全体の利益になります。

今後も様々なETFが承認されれば、ビットコイン自体にも価格は影響してくるでしょう。今後の展開に期待です。

 

参考記事

https://www.laptopmag.com/how-to/how-to-buy-bitcoin-etf-the-safest-way-to-dabble-in-crypto

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です