イカゲームコイン(SquidGame)の価格が0ドルに。運営者が3億円相当を持ち逃げか。

世界90ヵ国で1位となった韓国のNetflixショーのイカゲームのための暗号通貨があります。

その人気と使用用途から、一時30万円の価値をつけたものの、価格は今や0円近くまで暴落しました。

この今年記録的な大暴落となり、業界は騒然としています。

今回は、イカゲームコインがなぜ大暴落したのか、見ていきたいと思います!

イカゲームコイン(SquidGame)とは?

 

引用元:Netflix

韓国の人気ドラマであるイカゲームをモチーフにした暗号通貨SquidGameコインの価格が大暴落し、0ドルになったことで話題を呼んでいます。

このトークンは最新のものであり、10月20日に先行販売を開始した後、1秒で売り切れ、話題のトークンとして人気を集めました。

このコインはいわゆる「Play to earn」暗号通貨として知られているもので、人々はトークンを購入してオンラインゲームでプレイし、より多くのトークンを獲得できます。

Play-to-earnゲームの人気の高まり

オンラインゲームの急増により、エンターテインメントと実際のツールを組み合わせてお金を稼ぐGameFiテクノロジーセクターの開発が促進されたため、コロナパンデミックの間に、Play-to-Earnゲームの人気はますます高まっています。

これらはその後、他の暗号通貨または法定通貨と交換することができます。

SquidGameもこの仕組みを導入するということから、多くのユーザーが購入しました。

イカゲームコインの価格は数日で400倍上昇

当初わずか1セントの価値がありましたが、その3日後に価値が爆発し、BBCのレポートによると、4.39ドルに達し、400倍以上の価値をつけたことがわかりました。

イカゲームコインは、400倍の価格高騰を見せた。

その時の時価総額、または市場の総量は、1億8400万ドルに達していました。

この理由としては、購入者の多くは、11月に始まるオンライントーナメントでプレイしたいゲーマーたちであり、この期待から価格が高騰を続けていたようです。

さらに、イカゲームの人気から恩恵を受けたのは暗号トレーダーだけではありません。

Netflixのサブスクリプションは、イカゲームコインのプログラムがリリースされたときに急増していました。

引用元:Netflix

Bloombergによると、韓国シリーズは、わずか2140万ドルの費用で、ストリーミングの巨人にとって約9億ドルの価値があると考えられています。

創設者が250万ドルを持ち逃げか

ヒットしたNetflixショーに関連するSquidGameの暗号通貨の価格は、プロジェクトの匿名の創設者が数億円もの投資家の収益を持ち去り、逃げたという報告の後、11月1日の朝に墜落しました。

いわゆるイカゲームトークンの価格は、Coinmarketcapによると、11月1日の午前6時頃に実質的にすべての価値を失い、15分以内に60億ドルの市場価値がゼロになったということです。

トークン自体の価格は99%以上減少しており、わずか0.002ドルの価値がありました。

購入者に対し、既に注意喚起がされていた

購入者は、暗号価格追跡WebサイトCoinMarketCapが、多くのユーザーが暗号通貨取引所でトークンを再販できないという警告に注意する必要がありました。

イカゲームに対するコインマーケットキャップの注意喚起。

つまり、市場で十分なコインが購入されていない場合に人々がコインを販売することを制限する「革新的な」アンチダンピング技術を使用していました。

CoinMarketCapによると、SquidGameを換金するために必要なマーブルトークンというものを手に入れるにはSQUIDの開発者が主催するゲームトーナメントに出場し、勝利しなければならなかったそうです。

つまり、トーナメントが開催されるまではいくら値上がりしてもSQUIDを売ることができず、ただ持ち続けなければならなかったというわけです。

あるトレーダーはツイッターでBBCに、48時間以内にリリースされることを望んでいる通貨で7,500ドル(5,442ポンド)が動かせないでいると発言しました。

しかもトーナメントの参加費は456SQUIDとされており、それ以下のSQUIDしか持っていない投資家はマーブルトークンを手に入れるためにSQUIDを買い増すか、現金化をあきらめるしかなかったと言われています。

驚くべきことに、そのようなシットコインの多くは投資家の空想を急速に捉え、評価を大幅に膨らませる傾向があります。

多くの暗号ユーザーは、プロジェクトも調べもせずに訳のわからなあトークンを購入した経験があると言います。

そのような投機的な市場現象に巻き込まれた無知な個人投資家は、大幅な損失のリスクに直面します。

大暴落の背景では不穏な動きも

この大暴落は、トークンの疑わしい開発者がプロ​​ジェクトを終了したことを示唆するウォレットアクティビティに気づいた後始まりました。

これは、大々的に宣伝されたオンラインゲームが開始された後、約250万ドル相当のBNBトークンが出金され、トルネードキャッシュと呼ばれるプロトコルを使用してトランザクションの詳細が隠されたためです。

Squid tokenのウェブサイトとソーシャルメディアアカウントは、大暴落以降、オフライン表示になりました。このTwitterは「異常な活動」のためにすでにアカウントを制限されていました。

また、暴落前のトークンの急上昇後、警告サインが急速に増加し、複数のユーザーが分散型取引所PancakeSwapでトークンを販売できないと報告もあっており、様々な異常な動きが見受けられていました。

過去のICOプロジェクトから学ぶ

小売暗号投資家の間の大規模な熱意に支えられて、Squidトークンは、プロジェクトやその創設者についてほとんど知られていないにもかかわらず、先週の発売以来、31万%も急上昇しました。

暗号通貨のウェブサイトは、イカゲームベースのオンラインゲームが今月発売されると主張しましたが、ユーザーはプロジェクトのホワイトペーパー(暗号通貨業界でトークンの仕様を詳しく説明するのが一般的)にいくつかの文法とスペルの誤りが含まれていることにすぐに気付くことができました。

さらに、その創設者とされる人にはソーシャルメディアがありませんでした。

これらは初期のICOではよく見かける光景です。

そして、このような得体の知れないプロジェクトは、ホワイトペーパーによると、先月初めに先行販売され、「1秒」で売り切れだというかは、また驚きです。

今後の展開は?他のプロジェクトにも注意が必要か

話題のトークンが時価総額0にまで大暴落するのは、多々あります。何もイカゲームに言えることではありません。

例えば、価格が急落したことで実質的にすべての価値を失い、裁定取引の機会を生み出すトークンの設計の欠陥が明らかになり、投資家はトークンを繰り返し売買することで無制限のお金を稼ぐことができたという例も存在します。

暗号通貨コミュニティは、詐欺やハッキングを非常に起こしやすいコミュニティです。

何度も発生しているのは、一定量のビットコインを送金した場合、他の人のお金を2倍にすることを約束している詐欺師たちの存在です。

主流の暗号通貨でさえ、リスクがないことはほとんどなく、専門家は、暗号通貨価格の不安定な性質とそれらへの投資に関連するリスクと危険性について度々述べています。

こういったプロジェクトは今後もたくさん出てきますので、注意が必要です。

参考サイト

Coinmarketcap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です