NFTの将来のユースケース。我々の日常生活での役割は?

NFTは現在空前のブームの真っ只中にあります。それらはずっと長く存在するのでしょうか?それともすぐに消えていくある種のデジタルトレンドなのでしょうか?

結論から言うと、NFTは将来は日常生活の一部になる可能性が高いです。

さらに、日常生活を変え、すべての業界で物事の変革を起こすかもしれません。

そこで、今回は、NFTの将来について例をあげて考えてみたいと思います。

NFTはビットコインとは異なる

 

NFTは、代替不可能なトークンの略です。

ビットコインとは異なり、同じ価値の別のトークンで置き換えることはできません。

NFTはブロックチェーン技術を使用していますが、チェーン内で他のものに置き換えることはできません。

これにより、暗号通貨をはるかに超えたアプリケーションに最適です。

簡単に言えば、それはユニークで交換不可能なデジタル資産と考えることができ、安全で使いやすく、考えられるほぼすべてのデジタル資産を表すことができます。

NFT関連のニュースは分単位で作成されており、それらはメタバース(仮想世界)の不可欠な部分になりつつあります。

NFTの総市場価値は2021年上半期に4倍の2億5000万ドルになりました。平均価格は2020年10月の142ドルから今年の2月には4,000ドルに上昇しました。

NFT市場を推進する理由としては、その所有権の保持という特性にあります。

NFTの将来のユースケース

NFTを使用することで正確に利益を得ることができるのは誰であり、将来、日常生活のどこでNFTを使用する可能性があるのでしょうか?

いくつかの観点から見ていきましょう。

①NFTの政府による申請

NFTを使用して、タイトル、証書、ライセンス、身分証明書、出生証明書などの重要なドキュメントを表すことができます。

また、安全な電子投票にも使用できます。誰もが暗号通貨に使用されるウォレットと同様のデジタルウォレットを使用し、重要な独自のドキュメントへのアクセスを持ち運びます。

これを行うと、政府がこの情報を記録する方法が完全に変わり、多くの時間を節約できます。

このシステムは特に、国際的な環境で使用できることがメリットです。

たとえば、難民危機では、政府は一連の官僚的なハードルを通過することなく、デジタルウォレットを通じて個人を即座に特定できます。

②デジタル資産を安全に保つ

NFTテクノロジーの恩恵を受けるのは政府だけではありません。

また、実世界で重要なデジタル資産を保存するためにも使用できます。

資産所有権の文書化によって、将来的には、住宅や車両の所有権はNFTに関連付けられます。

たとえば、NFTを使用して、自分が家の所有者であり、それを販売する権利があることを証明できます。

デジタルウォレットに直接アクセスしないと、資産を表すNFTを複製したり変更したりすることはできないため、NFTの1つの個人の意思のみを反映します。

その信憑性やそれが文書の最新版であるかどうか迷うことなく、自身の意志を調整することが可能になります。

これは、NFTがデジタル資産を安全に保つのに役立つ多くの方法の1つにすぎません。

③医療情報の保護

医療情報は機密情報であり、VPNやその他のセキュリティ対策はすでにそのほとんどを保護しています。

NFTはそのすべてを変えることができます。

将来的には、患者は自分の病歴と保険情報のすべてをリストしたデジタルヘルスウォレットを携帯する可能性があり、プロバイダーがこの情報にアクセスして確認するのが容易になります。

さらに、NFTは、規制薬物や物質を追跡し、サプライチェーンのすべてのステップでそれらを検証し、特定の個人のみがそれらにアクセスできるようにするためにも使用できます。

これらの用途にNFTを組み込むことで、患者と医療提供者の両方が多くの時間とお金を節約できます。

④金融業界での資産の検証と転送可能性

NFTは、統一された元帳システムを通じて金融業界を変える可能性もあります。

金融機関は、特に国際的な環境で、NFTで構成される統合元帳を使用して資産を検証および転送できます。

最もよく知られている例は暗号通貨です。すでに、人々が金融機関を必要とせずに送金し、資産を安全に保つ方法に革命をもたらしました。

このように、金融機関はNFTを使用して、ブロックチェーンで知られているのと同じ自由と利便性を維持しながら、より伝統的な資産を保存することができます。

⑤タレント、映画業界

NFTはタレントや映画業界でも人気の一つになっています。

例えば、暗号フィギュアキャラクターであるcryptopunksの開発者であるLarvaLabsは、ハリウッドのタレントエージェンシーUTAと契約して、これらのキャラクターを映画、テレビ、ビデオゲーム、その他のプロジェクトに統合しました。

各キャラクターはNFTであり、文書化されたブロックチェーンプロセスを介して個人所有されています。

NFTの構造によっては、この取り決めが必ずしも独占的な複製、ライセンス、またはコピーライティングの権利を付与するとは限らないことに注意することが重要です。

⑥ゲームアイテムの所有と売買

多くの人にとって、ゲームは趣味以上のものであり、一部の人にとってはライフワークになっています。

オンラインメタバースゲームの主な側面は、トークン、武器、財産など、購入したものか獲得したものかを収集することです。

これらの種類の支援資産をゲーム内で購入する機能は、ほとんどのオンラインゲームの不可欠な部分です。

ユーザーは、これらの資産をNFTの形式で購入できるようになります。

これらのNFTは、ゲームがシャットダウンした場合でも保持され、それらは特定のゲーム以外のプレイヤーによって本当に所有されているため、使用、転売、または取引することができます。

NFTベースのアセットは、他のゲームにクロスオーバーしたり、他のゲームの同等のアセットと交換されたりする場合もあります。

NFTは日常の人にとって何を意味するか?

日常の人にとってNFTを取り巻く混乱としては、アプリケーションの将来が物事をより複雑にするように思うと言う点であり、それは全く違います。

トランザクションを簡素化し、重要な情報を1か所に統合​​し、個人情報のセキュリティを強化できます。

初心者にとって、車が運転するためにどのように機能するかを理解する必要がないのと同じように、NFTを使用するためにNFTがどのように機能するかを正確に知る必要はありません。

NFTアプリケーションの未来はエキサイティングなものであり、ほぼすべての業界で物事が行われる方法に革命をもたらすことが期待できます。

NFTの将来のユースケースのまとめ

将来的には、NFTは、以下のような特徴を持ちます。

  1. 価値を認識できる
  2. デジタルで保存できる
  3. 転売または譲渡できる
  4. コピーまたは偽造される可能性のあるアイテムを保護する

これが私たちの将来におけるNFTの役割を確固たるものにする重要な特性です。

そのほかの将来のユースケースとして考えられるのが、イベントチケットやサイバーセキュリティがあります。

イベント主催者はチケットではなくNFTを販売し、購入者は選択すれば再販でき、主催者はNFTが偽造されないことを証明できます。

ブロックチェーンセキュリティは暗号犯罪者に対して100%無防備ではありませんが、そのように保護された資産は確かにセキュリティの面から強固なものになります。

このようにに、NFTは単なる投機対象としてのブームではなく、間違いなく将来性を持っています。

これらは、ビジネスプロセスや個人のダウンタイムへの適用において主流になり、一般的な人が投資する新しいカテゴリの資産として機能する未来もあるかもしれません。

参考サイト

NFT future

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です