【NFT】Cryptopunksは購入すべきなのか?買い方を徹底解説!

今日のNFTで最も一般的なメディアはアートと音楽ですが、デジタル収集品も非常に人気が高まっています。

2017年に作成されたCryptoPunksは、イーサリアムのブロックチェーンで鋳造された最初のNFT収集品の1つでした。

これらの収集品はピクセル化されたキャラクターであり、ほとんどが人間ですが、一部のクリプトパンクはエイリアン、類人猿、ゾンビです。

今回は、Cryptopunksの概要や購入方法について詳しく説明していきます!

暗号通貨の強気市場で起こったNFTブーム

NFTトークンブームは、暗号通貨の強気市場の真っ只中に起こりました。

今年の初め以来、多くの暗号通貨は100%以上の価格で高く評価されています。

2021年に初めて1兆ドルの資産になりました

時価総額で最大の暗号通貨であるビットコインは、2021年に初めて1兆ドルの資産になりました。

CryptoPunksとは?

Cryptopunksは、24×24ピクセルのアートフレームでアルゴリズムによって生成されたキャラクターです。

24×24のピクセルである。

アートやトレーディングカードと同様に、これらのクリプトパンクは収集可能で希少です。

供給量が制限されている

従来の収集品とは異なり、Cryptopunksの作成者は新しい作品を作成できないため、供給量が10,000NFTを超えることはありません。

Cryptopunksの作成者であるMattHallとJohnWatkinsonは、これらの収集品がイーサリアムのブロックチェーンによって認証されているため、これ以上Cryptopunksを作成することはできません。

ブロックチェーンに記述されたコードは、ミントできるNFTの数を制限し、ブロックチェーンは分散化されているため、作成者はイーサリアムのネットワーク上のコードを変更できません。

非代替性のERC-721トークンである

NFTを可能にするコードは、ERC-721トークン標準であり、このERC-721は、イーサリアムのブロックチェーン上のトークンの一種であり、ERC-721トークンは、代替可能ではないため、一意となっています。

ビットコインやイーサリアムのような代替可能トークンは、すべて同じ値を保持しているため、相互に交換できますが、ERC-721トークンは代替可能ではありません。

つまり、各トークンは異なる値を保持できるため、アートやデジタル収集品などの固有のアセットをトークン化できます。

ミュージシャン、アーティスト、クリエーター、インフルエンサーはすべて、ブロックチェーン上にデジタル収集品を作成するために、NFTトークンを作成しています。

CryptoPunksNFTの購入方法

Cryptopunks は公式サイトから、以下の手順でできます。

手順はとても簡単です。

イーサリアム(ETH)を購入する

NFT作成のためのイーサリアムを購入する

NFTトークンはまだ初期段階にあるため、取引所に行って購入することはまだできません。

代わりに、Ethereumのブロックチェーン上のネイティブトークンであるEtherを使用してNFTを購入する必要があります。

パンクを購入するのに十分なイーサリアムを所有したら、資金をイーサリアムウォレットに送金する必要があります。

ウォレットを購入またはダウンロードする

 

メタマスクをダウンロードして、接続する。

CryptoPunkを購入するには、ソフトウェアウォレットをLarvaLabのWebサイトに接続する必要があります。

最も一般的に使用されているソフトウェアウォレットはMetamaskです。これは、そのGoogle Chrome拡張機能により、暗号通貨で取引するWebサイトと簡単にやり取りできるためです。

NFTを安全に保持したい場合は、イーサリアムウォレットに保管する必要があります。

イーサリアムウォレットの2つの主なタイプは、ハードウェアウォレットとソフトウェアウォレットです。

Coinbase WalletMetamaskなどのソフトウェアウォレットは、暗号通貨とNFTを保存するコンピュータープログラムです。

一方で、ハードウェアウォレットは、暗号通貨とNFTをオフラインで保存する物理デバイスであり、デジタル収集品を保存するための最も安全な方法です。

ほとんどのハードウェアウォレットはさまざまな暗号通貨を保存できるため、すべてのデジタル資産に対して1つのウォレットを購入するだけで済みます。

コレクションから作品を購入する

10,000個のCryptoPunkはすべて、すでにイーサリアムのブロックチェーンで作成されています。

つまり、CryptoPunkを購入する場合は、すでに収集品を所有している人から購入する必要があります。

これを行うには、Larva LabのWebサイトにアクセスして、販売用にリストされているCryptoPunksを表示します。

これらの収集品の価格は、約90ETHから数千ETHの範囲です。

CryptoPunkを購入するには、Ethereumウォレットで暗号通貨を使用してリストを購入するだけです。

自動的に購入できるリストもありますが、オファーを受け入れて購入価格が設定されていないリストもあります。

売り手があなたの入札を受け入れると、トランザクションはイーサリアムのブロックチェーンを介して処理され、NFTがイーサリアムウォレットに送信されます。

ほとんどのリストは支払い方法としてイーサリアムを使用していますが、一部のリストは他のイーサリアムトークンを使用しています。

さて、購入が済んだらどこに保存できるのか、次に見ていきます。最適な保存方法を考えましょう。

CryptopunksのNFTを保存するために最適な暗号ウォレットは?

NFTを保存するのに最適なソフトウェアと ハ​​ードウェアのウォレットは次のとおりです。

すべてのウォレットが代替不可能なトークンをサポートしているわけではないため、使用するイーサリアムウォレットでNFTを保存できることを確認してください。

一部のウォレットはさまざまなレベルのサポートを提供するため、ウォレットの内側からNFTを表示する場合は、使用する暗号通貨ウォレットにこの機能があることを確認してください。

 Ledgerハードウェアウォレット

最高のハードウェアウォレットとして知られているLedgerは、2014年から暗号通貨用のハードウェアウォレットを提供しています。

Ledgerは1,000を超える異なる暗号通貨をサポートしているため、同社は多通貨のサポートでよく知られており、

イーサリアムベースのトークンをサポートしているため、ERC-721のNFTトークンをウォレットに保存できます。

Ledger Nano SはAmazonで50ドル強で販売されており、ほとんどのNFTコレクターと暗号通貨コレクターにとって手頃な価格の選択肢となっています。

さらによりプレミアムなハードウェアウォレットが必要な場合、LedgerはそのWebサイトでLeger NanoXを119ドルで提供しています。

 Coinbaseウォレット

Coinbaseも最適なウォレットである。

Coinbaseには、市場で最も安全なソフトウェアウォレットの1つがあります。

同社は最近、NFTのサポートを追加しており、デジタル収集品は、CoinbaseWalletアプリで直接表示できます。

さらに、Coinbaseを使用すると、ウォレットのインターフェイスで分散型アプリケーション(dapps)を直接操作することもできます

このDappsはEthereum上に構築されたアプリケーションであり、マーケットプレイスのアカウントを必要とせずに暗号通貨やNFTと接続できます。

つまり、この機能を使用すると、NFTを取引したり、ウォレットから暗号トークンを交換したりできます。

 CryptoPunksは購入すべきなのか?

多くの投資家は、暗号通貨をデジタル収集品よりも健全な投資と見なしており、今でもその傾向が強いです。

デジタル収集品は収集するのが楽しいですが、それらの価格は非常に投機的であり、本質的な価値はほとんどないとされているためです。

ただし、NFTの需要が増え続けると、これらの収集品の価格も上がることが予想されます。

これまでに作られたクリプトパンクは10,000個しかなく、パンクはそれぞれ異なります。

CryptoPunksが最初にリリースされた2017年には、それぞれ1ドルから34ドルの費用がかかりました。

しかし、今では1つのCryptoPunkだけで数百万ドルの費用がかかる可能性があります。

したがって、この希少性によって、デジタルコレクターを魅了し続ける可能性があり、保有するメリットにつながります。

Cryptopunksのまとめ

Cryptopunksの人気のブームを考えると、その根源は、デジタルアートという資産を所有することに伴う一種のステータスがあります。

したがって、CryptoPunksの所有は、潜在的に儲かる投資であり、CryptoPunkが希少であるほど、所有者は価値が高くなります。

ただし、現在は高額すぎるため、誇大広告や販売には注意が必要です。

今後数年間で、NFTを取り巻く誇大宣伝は頭打ちになっているかもしれませんが、このブームが直ぐに立ち去るとは思えません。

Cryptopunksが次はどんなNFTブームを引き起こすのが楽しみにしましょう。

参考サイト

Cryptopunks 公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です