IG証券の個別銘柄CFD取引とは?その特徴、メリット、デメリットについて徹底解説!

CFD取引はデリバティブ取引の一形態であり、原資産市場自体ではなく、原資産市場から派生した価格で取引することができます。

トレーダーにとっては、人気のある取引形式となっており、日本ではIG証券で取り扱っています。

今回は、そのCFD取引について詳しく説明していきたいと思います!

IG証券とは?

 

IG証券は、デリバティブ市場をリードするサービスを提供してきた45年以上の経験を持つIGグループのメンバーです。

信頼性の高い取引システムにより、17,000を超えるグローバル市場への柔軟なアクセスを提供しています。

特に受賞歴のある取引アプリや信頼できるプロバイダーということで、安心のできる取引が人気となっています。

IG証券のCFD取引の概要

差金決済取引(CFD)は、原資産の売買を必要とせずに、金融市場を推測する方法です。

CFDを取引する場合、契約が開始された時点から終了した時点までの資産の価格の差額を交換することに同意することになるため、差金決済取引と呼ばれています。

CFD取引の主な利点の1つは、どちらの方向の価格変動についても推測できることであり、利益または損失は、予測が正しい範囲に応じて異なります。

したがって、市場の価格が上昇する時と、市場の価格が下がる時の両方でCFDポジションを開いて、利益を得ることが可能です。

たとえば、Appleの株の価格が下がると思う場合は、会社で株CFDを売ることができます。

ポジションがオープンされたときとクローズされたときの価格差は引き続き、継続し、株価が下がると利益が得られ、値が上がると損失が発生します。

ロングトレードとショートトレードの両方で、ポジションがクローズされると利益と損失が実現されます。

CFD取引の特徴

では、具体的にどのような取引の種類があるのでしょうか?

①レバレッジ取引が可能

レバレッジ取引では、最初に全費用を負担することなく、大きなポジションへのエクスポージャーを得ることができます。

例えば、500Apple株に相当するポジションをオープンしたいとします。

標準的な取引では、それは株式の全費用を前払いする必要がありますが、差金決済取引では、費用の5%を負担するだけで済みます。

レバレッジを使用すると資本をさらに分散させることができますが、利益または損失はポジションのフルサイズで計算されることに注意することが重要です。

この例では、取引を開始した時点から終了した時点までの500Apple株の価格の差になります。

つまり、利益と損失の両方が支出に比べて大幅に拡大される可能性があり、損失が預金を超える可能性があることを意味します。

このため、レバレッジ比率に注意を払い、自分の手段の範囲内で取引していることを確認することが重要です。

②マージン(証拠金)が必要である

レバレッジ取引は、ポジションをオープンして維持するために必要な資金、つまり「証拠金」がその合計サイズのごく一部にすぎないため、「証拠金取引」と呼ばれることもあります。

CFDを取引する場合、証拠金には2つのタイプがあります。

  • 預金証拠金
  • 維持証拠金

ポジションを開くには預金証拠金が必要ですが、取引が預金証拠金(およびアカウントの追加資金)でカバーできない損失に近づいた場合は、維持証拠金が必要になる場合があります。

これが発生した場合、口座の資金を補充するようにプロバイダーからマージンコールを受け取るかもしれません。

十分な資金を追加しないと、ポジションがクローズされ、発生した損失が発生する可能性があるためです。

③CFDによるヘッジの活用

CFDは、既存のポートフォリオの損失をヘッジするためにも使用できます。

たとえば、ポートフォリオ内の一部のABC Limited株が、期待外れの収益レポートの結果として短期的に価値が下落する可能性があるとします。

この方法でリスクをヘッジすることを決定した場合、ポートフォリオ内のABC Limited株式の価値の下落は、CFD取引の短期間の利益によって相殺されます。

CFD取引のメリットは?

レバレッジ、ショートセル、ヘッジなど、CFD取引の利点がトレーダーな人気の理由となっています。

なぜ人気となっているのかその理由を具体的に見ていきましょう。

レバレッジ取引では少ない資本金で取引を開始できる

CFDを使用すると、ポジションを開くために取引の全額の一部を預けるだけで済むため、投資資本をさらに増やすことができます。

預金する必要がある金額は、ポジションのサイズと、選択した市場の証拠金係数によって異なります。

この例では、10000円に相当するポジションは必要な資金は、 500円のみです。

高騰と下落どちらでも利益を狙える

CFD取引は、ポジションの始値と終値の差を交換する契約で構成されているため、他の形式の取引よりも柔軟性があります。

これにより、価格の下落と上昇の両方の市場で取引することができます。

取引プラットフォームでCFDを取引すると、買い価格と売り価格の2つの価格が表示されます。

市場の価格が上がると思う場合は買い価格で取引し、価格が下がると思う場合は売り価格で取引します。

ポートフォリオをリスク分散(ヘッジ)できる

たとえば、HSBCで多数の株式を所有しており、長期にわたって株式を保有する予定であるとします。

銀行セクターが不況に陥っている可能性があると考えており、CFDを使用して潜在的な損失を相殺したいと考えています。

その場合は、ショートポジションを開きます。

引用元:IG.com

あなたの推測が正しく、HSBC株の価値が下がった場合、CFDポジションはあなたに利益をもたらし、損失が相殺されます。

HSBC株の価値が上昇した場合は、CFDポジションをクローズし、CGTの目的で将来の利益に対して発生した損失を相殺することができます。

IG証券でのCFD取引方法について

CFD取引では、市場価格の将来の動きを推測することができます。

上昇すると思われる場合は「ロング」、下降すると思われる場合は「ショート」なります。

口座の開設からポジションのクローズまで、CFDを段階的に取引する方法を示し、CFD取引の例を使用してプロセスを説明します。

アカウントを作成して資金を入金する

CFD取引口座の申請は簡単なプロセスであり、通常は数分で完了します。

口座、ライブとデモ口座の2種類が選択可能です。

開設が完了したら、アカウントに資金を提供する必要があり、クレジットカードまたはデビットカードで資金を追加できます。

完全にリスクのない環境で市場の信頼を築きたい場合は、デモ口座を開設して、20,000ドルの仮想資金で練習することができます。

取引銘柄を選択する

次のステップは、取引計画を作成することです。

取引計画は、理想的な取引、望ましい利益、許容可能な損失、およびリスク管理戦略を定義するため、プレッシャーの下でより良い決定を下すのに役立ちます。

IGを使用すると、次のような17,000を超える市場でロングとショートを行うことができます。

  • インデックス

  • 株式

  • 外国為替

  • 商品

  • 暗号通貨

選択できる市場が非常に多いため、最初の取引を特定するのは困難に思えることがよくあります。

さらに、CFD取引プラットフォームを選択する必要があります。

IGを使用すると、いくつかの取引プラットフォームにアクセスできます。

  • Webベースのプラットフォーム

  • モバイル取引アプリ

  • MetaTrader 4

  • 高度なプラットフォーム

これらはすべて、パーソナライズされたアラート、インタラクティブなチャート、リスク管理ツールを使用して、取引スタイルや好みに合わせて調整できます。

最初のポジションを開き、監視する

取引したい市場を決定したら、取引を行う準備が整います。

最初に決めるのは、銘柄をロングするかショートするかです。

たとえば、ソフトバンク株を取引したいとします。その価値が下がると思う場合は、ショートを選択します。

ソフトバンクや任天堂株を空売りする方法はこちらの記事を参照ください。

このどちらかを選択できることは、CFD取引の主な利点の1つです。

ポジションをとると、あなたの利益または損失は基礎となる市場価格に沿って移動するため、取引プラットフォームで開いているすべてのポジションを監視し、「閉じる」ボタンをクリックしてそれらを閉じることができます。

最初に行ったのと同じトレードを反対方向に置くことによってこれを手動で行うこともできます。

したがって、買いでポジションをオープンした場合、同じ数の契約を売り価格で売り、その逆も可能です。

あなたの利益または損失は、市場が移動した量にポイントあたりのポンドでのあなたの取引のサイズを掛けることによって計算されます。

CFD取引を利用する際の注意点は?

さて、では、取引をする上で注意する点としてどんなことが考えられるのでしょうか?

ここでは、CFD取引を行う際のいくつかの注意点を説明します。

取引手数料がかかる

取引コストは基本的にスプレッド(買値と売値の差額)のみとなります。

ただし、株式のCFDでは別途取引手数料が発生することに注意が必要です。

手数料に関しては、こちらを参照ください。

取引レートを自由に選択し、ポジションを保有することができます。

証拠金を維持する必要がある

ポジションを保有/維持する場合、各銘柄や取引ロット数に応じた維持証拠金が必要となります。

この維持証拠金制度を利用することで、実際の取引で必要となる金額(総取引金額)より少ないご資金でFXやCFD取引が可能となります。

初心者向けの入門プログラムもあり、2週間利用可能です。

この期間は、1取引毎の最低取引ロット数に関して、通常の最低取引数よりも少ない取引ロット数でFXやCFD(株式CFDを除く)の取引ができます。

最後に

他の金融商品同様、FX・CFD取引にはリスクがあります。

例えば思惑とは逆の方向に相場が変動した場合、損失を被ることになります。

さらに、FX・CFD取引はレバレッジ取引であるため、マーケットの状況によっては証拠金以上の損失が発生する事があるため、資金管理には注意が必要です。

それを回避するためにも、保有するポジションにリミット注文やストップ注文を付加したり、アラート通知の設定をすることでリスクを管理することができます。

IG証券ではリスク管理の重要性をご理解していただくために、各種教育ビデオやツールをご提供してあり、デモ口座でFX・CFD取引を体験することもできるため、一度そちらで体験してみても良いかもしれません。

参考サイト

IG.com

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です