XLM(Stellar)とは?その特徴と今後の見通し、購入方法を徹底解説!

XLMという暗号通貨は、StellarDevelopmentFoundationによって開発された暗号通貨を指します。

XLMは、銀行、決済システム、および人々を接続するブロックチェーンベースの分散型台帳ネットワークであるStellarネットワークのトレーダーが使用して、決済を含む低コストのクロスアセットの価値移転を促進できます。

この記事の重要なポイント

  • Stellarは、デジタル通貨を国内および国境を越えて法定紙幣に転送するためのオープンソースコードの分散型プロトコル
  • Stellarブロックチェーンの暗号通貨はルーメンと呼ばれ、XLMのシンボルで取引されるトークン
  • Stellarは、過去5年間で最高のパフォーマンスを発揮するアルトコインのひとつであり、時価総額は10億ドル強である

Stellar(XLM)とは?

Stellarは、ユーザーがいくつかの種類の暗号通貨を作成、送信、取引できる分散型ネットワークです。

これは2014年に作成され、世界の金融システムを1つのネットワークにまとめることを使命として2015年に開始されました。

ブロックチェーンテクノロジーを使用する他のプラットフォームやエクスチェンジと同様に、Stellarは複数のサーバーに分散した分散型システムです。

Stellarで実行されたアクティビティが単一のソースによって監視されていないことを意味します。

そして、XLMはStellerの暗号通貨のことで、ルーメンとも呼ばれています。

現在、流通しているコインは約225億枚で、最大供給量は500億枚です。 Stellar Foundationは元々1,000億ルーメン以上存在していましたが、2019年11月に未処理のコインの約半分を燃やしました。

この動きにより、XLMの価格は短期的に上昇しましたが、一時的なものでした。

Stellarのルーメンの値は2020年5月の時点で3分の2以上低下しましたが、現在、CoinMarketCapで25位の地位を獲得し、依然として最高のパフォーマンスを発揮するアルトコインの1つです。

2021年11月25日現在、コインの時価総額は約80億ドルでした。

Stellarの歴史

Stellarは、JedMcCalebが共同設立したプラットフォームであるRipple社から離れ、新しい金融システムを作成した2014年に始まりました。

Stellarは、JedMcCalebによって設立された非営利団体であるStellarDevelopmentFoundationによって運営されています。

McCalebと元弁護士のJoyceKimは、日常のユーザー向けのプラットフォームとしてStellarを立ち上げました。

その後すぐに、StripeのCEOはMcCalebおよびKimと協力して、非営利のStellar DevelopmentFoundationを設立しました。

Stellarは、Mercado Bitcoinがプラットフォームの使用を発表したときなど、多くの急成長を経験しました。

そして、1年足らずで、Stellarは約300万のユーザーアカウントを収容しており、それ以来、StellarはFlutterwaveとMoneygramを含むパートナーのネットワークを構築しています。

Stellarプロジェクトは、BlackRock、Google、FastForwardなどの組織からの寄付とともに、決済スタートアップのStripeから初期資金 を受け取りました。

2018年、StellarはTransferToと、70か国以上への国境を越えた支払いに関する契約を締結しました。

また、支払いと資産のトークン化のためにShariah準拠の証明書を取得した最初の分散型台帳となり、IBM(IBM)によってダブルペグのステーブルコインプロジェクトのパートナーとして選ばれました。

Stellarの技術要素は?リップルとの違い

Stellarはビットコインのようなテクノロジーと同じように機能しますが、その重要な特徴はコンセンサスプロトコルです。

現在のStellarは 、Stellarコンセンサスプロトコル(SCP)を作成した2014年のフォークの結果であり、 その後、Stellarはオープンソースシステムになりました。

このプロトコルでは、トランザクション認証プロセスは 、ノードのネットワーク全体に対して開かれたままになるのではなく、信頼できるノードの選択されたセットに限定されます。

ネットワーク上の各ノードは信頼できるノードのセットを選択し、この選択グループの一部であるすべてのノードによって認証されると、トランザクションは承認されたと見なされます。

この短縮された承認サイクルにより、Stellarネットワークはトランザクションをより高速に処理し、トランザクションコストを大幅に抑えることが可能です。

リップルは日本でも人気の暗号通貨の一つですが、しばしばステラとの関係性が見られます。

StellarとRippleの両方を使用したことのある人は、2つのプラットフォームの類似点に気づくかもしれません。

それらはほぼ同一のブロックチェーンコードを使用し、どちらもマイニングを許可せず、両方とも分散型台帳を使用し、両方ともほぼ無料で瞬時のトランザクションを提供します。

これらの類似点は、主に、両方のプラットフォームの創設者の1人であるMcCalebが、Rippleでうまく機能するものを知っており、そのビジョンと知識を持ってStellarを作成したという事実によるものです。

ステラがリップルよりも優れている利点

まず、プラットフォームは、その目標が大きく異なります。

リップルは、銀行がわずかな価格で数秒で世界中に送金できるように作成され、銀行と金融システムの効率を改善しました。

一方、Stellarは、一般的なユーザーを念頭に置いて、発展途上国のユーザー向けに構築されました。

このプラットフォームは、シンプル、迅速、低コストのトランザクションを通じて世界経済へのアクセスを提供します。

銀行はRippleを使用でき、一般ユーザーは、Stellarを使用できますが、それぞれが特定のユーザー向けに設計されており、ターゲット市場により効率的なエクスペリエンスを提供します。

ステラXLMは投資すべきか?

StellarのXLMが優れた投資であるかどうかを判断する際には、考慮すべき2つの要素があります。

それは、Stellarこれまでにどのように機能してきたかとその可能性です。

パフォーマンス履歴

XLMはこれまでのところ有望です。

資産の開始以来、その価値は10月10日時点で0.3368ドルに上昇していますが、多少の変動がないわけではありません。

この全体的な成長により、XLMは堅実な長期投資となることができます。

供給量の潜在的な価値

Stellarは現時点でXLMの供給量の半分を燃焼しており、これ以上作成する予定はありません。

したがって、需要が今後上がれば、XLMの供給量は将来的に不足することが決まっているため、価値は上がる可能性が高いです。

希少性は、まだ存在しているルーメンのあらゆる価値を高めます。

したがって、この潜在的な価値の増加により、XLMは購入して保持するための優れた資産になる可能性があります。

XMLを購入する方法

XLMは、Stellarプラットフォームから直接購入できますが、これが唯一の方法ではありません。

次のようなほとんどの主要な暗号通貨取引所で利用できます。

  • Kraken
  • Binance
  • Coinbase
  • Buttoned
  • Bittrex
  • Huobi
  • Upbit
  • コインチェック
  • GMOコイン
  • NovaDAX

ここにご希望の取引所が表示されていなくても、他の取引所でStellarの取引を提供している可能性は十分にあります。

プラットフォームの暗号資産の可用性を確認してください。

まとめ。ステラの今後の見通しは?

Stellarの主な焦点は、銀行サービスの範囲外の人々への送金と銀行ローンの分野で経済を発展させることです。

Stellarは、ネットワークの使用に対して個人または機関投資家に手数料を求めないというメリットがあります。

さらに、Stellarは分散交換モードをサポートしており、これにより、ユーザーは別の通貨でクレジットを保持している場合でも、特定の通貨で支払いを送信できます。

そして、受取人は、銀行などのパートナー機関を通じて同等の通貨を引き出すことができます。

Stellarは、今後金融機関を接続する国境を越えた送金および支払いシステムとして、取引コストとタイムラグを大幅に削減することを目指しています。

今後の価格動向や展開に引き続き、注目しておきましょう。

参照リンク

公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です