IG証券の債券先物取引とは?その使い方を徹底解説!

先物取引とは、現在の資産の価格を合意し、将来交換することを可能にする契約のことです。

先物取引は、CFDを使用して、原資産の先物市場の価格を推測することによって機能し、ロングまたはショートの両方に使用できます。

つまり、予測が正しければ、上昇する市場と下降する市場から利益を得ることができます。

そこで今回は、IG証券における債券先物取引について詳しく説明していきたいと思います!

IG証券の債券先物取引とは?

IG証券の債券先物取引とは?

引用元:IG.com

IG証券は45年以上の経験を持つFTSE250企業です。同社のスプレッドは業界で最も低く、市場で最も人気のある指数、商品、そして債券を含む多様な先物を提供しています。

先物は、2つの当事者(1人の買い手と1人の売り手)が将来の日付で原資産市場を固定価格に交換することに同意する金融契約です。

先物は、買い手に原資産市場を購入する義務を与え、売り手は契約の満了時または満了前に売る義務を与えます。

IG証券を使用すると、CFDで先物契約の価格が上がるか下がるかを推測できます。

つまり、原資産の市場価格が上がると信じていればロングし、下がると信じればショートすることになります。

引用元:IG.com

CFDの場合、利益または損失は、予測の精度と市場動向の全体的なサイズによって決まります。

そして、債券先物取引の最大のメリットは、取引をヘッジしてリスク分散させることにあります。

先物でヘッジすることにより、原資産市場におけるリスクへのエクスポージャーを制御することができます。

たとえば、FTSE 100の企業の株式を所有していて、その価値の低下が懸念される場合は、FTSE 100インデックスの将来をショートさせることができます。

これにより、利益が株式ポジションの損失の一部を相殺することが期待されます。

一方、現在のショートポジションがある場合は、市場が上昇した場合に備えて、ロングの利益がショートの損失を相殺するという考えで、どちらかの利益が出るまで、ポジションを保持し続けることが可能です。

IG証券の先物取引可能なオプション

IG証券では、日本、米国、英国、ドイツの中長期国債9銘柄を50倍のレバレッジで取引可能です。

以下、特徴をいくつかの項目で見ていきましょう。

①取引可能なCFD商品

以下の商品が取引可能です。

  • 日本国債
  • 米国2年国債先物
  • 米国5年国債先物
  • 米国10年国債先物
  • ウルトラ米国長期国債先物
  • ドイツ10年国債先物

証拠金と呼ばれる少額の預金で市場エクスポージャーを増やすことができ、取引プロバイダーは取引の残りの全額を貸し出します。

レバレッジで取引する場合、利益または損失は、ポジションを開くために使用されるマージンだけでなく、ポジションの合計サイズによって決定されることを覚えておくことが重要です。

②取引スプレッド

取引スプレッドは取引詳細一覧表に記載のとおりです。

取引スプレッドについて取引スプレッドは、特に変動の激しいマーケット状況において変動します。

特に、先物市場は流動性が高く、取引の数も多いため、このスプレッドも非常に重要になります。

これは、より大きなサイズで取引する場合、ご希望の価格で注文が処理される可能性が高いことを意味します。

③資金調達手数料

取引日の終わりにオープンのままになっているポジションには、一晩の資金調達料金が適用されます。

ただし、先物では、翌日物の資金調達料金がスプレッドに含まれます。

これは、先物取引は、複数の資金調達料金が発生しないため、原資産市場で長期的なポジションを取りたいと考えている人にとっては有利になるということです。

④取引期限

未清算のポジションは、取引期限が到来すると以下の規定に基づいて自動的に清算されることになっています。

それぞれの商品で異なっています。

  • 米国中長期国債:シカゴ商品取引所(CBOT)において取引されている米国国債先物の公式終値を小数値化
  • ドイツ国債:Eurexにより中央ヨーロッパ標準時間12時30分(日本時間20時30分、現地夏時間は19時30分)に発表となる該当するドイツ国債先物取引の最終決済価格
  • 英国長期国債:ロンドン金融先物取引所(LIFFE)において取引されている英国長期国債先物取引の最終取引日における公式終値
  • 日本国債先物:シンガポール証券取引所(SGX)発表の日本10年国債先物ミニの最終取引日における最終清算価格
  • イタリア長期国債:Eurexにより中央ヨーロッパ標準時間12時30分(日本時間20時30分、現地夏時間は19時30分)に発表となる該当するイタリア長期国債先物取引の最終決済価格
  • OAT-フランス国債先物:Eurexにより中央ヨーロッパ標準時間12時30分(日本時間20時30分、現地夏時間は19時30分)に発表となる該当するOAT-フランス国債先物取引の最終決済価

取引を行う際はこれらの商品の精算時期に注意してポジションを決める必要があります。

IG証券の債券先物取引の使用方法

以下のステップで簡単に始めることができます。詳しく説明していきます。

ステップ1:ライブアカウントを作成してログインする

ライブ口座を講座を開く

今日CFDで先物取引を開始するには、IGで口座を開設してください。

必要情報を入力する

アカウントを作成したら、取引プラットフォームにログインできます。

ステップ2:取引する先物市場を選ぶ

さまざまな先物市場から選択できるため、個々の取引スタイルに最も適した市場を確立する必要があります。

一部のインデックス(たとえばドイツ40)は、他のインデックスよりもボラティリティが高く、短期のデイトレーダーに適している可能性があります。

金や銀の商品先物などの他の市場は、リスク欲求が低く、ボラティリティの低い市場を享受しているトレーダーに好まれることがよくあります。

ステップ3:ロングまたはショートを決める

ロングするということは、将来の価値が上がることを推測していることを意味し、ショートすることは、その価値が減少することを推測していることを意味します。

自身のファンダメンタルおよびテクニカル分析に基づいて、インデックス、コモディティ、または債券の将来の原資産価格が上昇すると思われる場合は、ロングポジションを開きます。

代わりに、原資産の市場価格が下落することを予測した場合は、ショートポジションを開きます。

ステップ4:最初の取引を配置する

最初の取引を行うには、IG取引プラットフォームに移動して市場を選択します。

次に、価格チャートの「先物」タブを選択し、原資産市場を購入するか売却するかを決定し、ポジションサイズを選択します。

ステップ5:ストップとリミットを設定する

ポジションを開く前に、トレードにストップとリミットを追加することを検討する必要があります。

ストップとリミットは、先物取引中のリスクを管理するために強く推奨されるツールです。

ストップ注文は、価格が不利なレベルに移動した場合に自動的にポジションをクローズし、指値注文は、より有利なレベルに移動した場合に自動的にポジションをクローズします。

ステップ6:自分の取引ポジションを監視し、閉じて利益を確保する

取引を行った後、それを監視して、市場が期待どおりに動作していることを確認する必要があります。

そうでない場合は、損失を最小限に抑えるために取引を終了することをお勧めします。

また、契約の満了日が来る前に先物契約取引を閉じることもできます。

具体的な先物契約取引の例

それでは、具体的な例を見て学びましょう。

例えば、あなたは4月の時点で、石油の価格が将来上昇すると考えており、6月の石油先物のロングポジションのCFDを開くことにしたとします。

石油の債券先物取引の例

この例では、石油価格がどれだけ下落したか、ポジションのサイズ、および発生した料金に基づいて利益を得ることになります。

このポジションは6月に自動的にクローズされますが、必要に応じてその前にクローズすることもできます。

原資産の市場価格が上昇すると思われる場合は、CFD取引口座で市場を購入します。原資産の市場価格が下がると思ったら、売ります。

債券先物取引の注意点は?

スポット価格と異なり、先物価格は、先物契約を取引するときに固定する価格であり、契約の満了日またはそれ以前に原資産市場を売買できる価格です。

証拠金が不足していると大きな損失を被る可能性がある

先物取引の証拠金を使用すると、少額金を預けてCFD取引を開始すると同時に、はるかに大きな市場エクスポージャーを受け取ることができます。

ただし、証拠金で取引する場合、最終的な利益または損失は、ポジションを開くために必要な証拠金だけでなく、ポジションのフルサイズによって決定されることを覚えておく必要があります。

期限に達すると自動的に精算される

また、先物取引は、各限月ごとに定められた取引最終日時までポジションを保有し続けると、自動的に清算されてしまいます。

よって、引き続きポジションを保有したい場合は、一旦清算した後に、期先(期限が先)の限月でポジションを保有しなおす必要があります。

これを「ロールオーバー」といいます。

IG証券では、自動システムなどありませんので、自身で行う必要があります。

したがって、取引システム「取引銘柄情報」の「取引最終日時」を確認する必要があります。

IG証券の債券先物取引のまとめ

いかがでしたでしょうか?

スポット取引のように先物取引は簡単に行えることが分かったと思います。

ただし、証拠金を用いて、レバレッジ取引を行うため、資金管理やポジションの管理などなどいくつか注意点があります。

リスク管理をしっかり行えば、ヘッジを活用してロング、ショートポジションを取ることで、大きな利益を狙うことも十分に可能な取引方法です。

リスクを理解した上で、少額投資で行うように心がけてください。

また、債券先物取引に関するより詳しい記事はこちらを参考にされてください!

参考サイト

IG.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です