債券先物取引とは?その特徴とメリット、デメリットを解説!

債券先物契約は、両当事者の同意のもとに行われる取引のことです。

債券先物取引は、最も流動性の高い金融商品の1つとして人気の商品となってます。

流動的な市場では、買い手と売り手がたくさんいるため、迅速な取引が可能になります。

そこで、今回は、債券先物取引の特徴やメリット、デメリットについて詳しく説明していきたいと思います!

債券先物取引とは?

債券先物は、契約者が特定の日に債券を所定の価格で購入または売却することを義務付ける金融デリバティブ商品のことです。

債券先物取引では、一方の当事者は購入することに同意し、もう一方の当事者は将来の指定された日付に所定の価格で原資産を売却することに同意します。

債券先物契約は先物取引所で取引され、先物取引を提供する証券会社を通じて売買されており、先物契約の決済日に、売り手は買い手に資産を引き渡す義務があります。

主な利用用途としては、投機家が債券の価格に賭けるために、またはヘッジャーが債券の保有を保護するために使用します。

また、金利の動きを取引またはヘッジするために間接的に使用されます。

債権先物取引の特徴

では、具体的な特徴をいくつかの点からみていきましょう。

債券先物契約は、ヘッジ、投機、または裁定取引の目的で使用されます。

  • ヘッジは持ち株を保護する商品への投資の一形態のことを指します。
  • 投機は、高リスク、高報酬のプロファイルを持つ製品に投資することを指します。
  • 裁定取引とは、価格に不均衡があり、トレーダーが資産または証券の同時購入と売却を通じて利益を上げようとすると、発生します。

債券先物契約は、満期まで保有することができ、満期日より前に終了することもできます。

ポジションを確立した当事者が満期前にクローズした場合、クローズ取引は、その時点での先物契約の価値に応じて、ポジションからの利益または損失をもたらします。

1.債券先物取引ができる取引所

債券先物は、主にシカゴ商品取引所(CME)の一部であるシカゴ商品取引所(CBOT)で取引されます。

契約は通常、四半期ごとに期限切れになり、3月、6月、9月、12月です。

例として、以下のような資産を扱っています。

  • 13週間の財務手形(Tビル)
  • 2年、3年、5年、および10年国債(Tノート)
  • クラシックおよびウルトラトレジャリー債(Tボンド)

債券先物は、商品先物取引委員会(CFTC)と呼ばれる規制当局によって監督されています。

CFTCの役割には、公正な取引慣行、平等、一貫性が市場に存在することを保証すること、および不正を防止することが含まれます。

また、日本ではIG証券で、この債券先物取引が可能となっています。

IG証券での詳しい取引方法についてはこちらの記事を参照ください。

2.債券先物取引の仕組み

では、実際にトレードはどのように利益を生み出すことができるのでしょうか?

債券先物契約により、トレーダーは債券の価格変動を推測し、設定された将来の期間の価格を固定することができます。

トレーダーが債券先物契約を購入し、債券の価格が満期時に契約価格よりも高く上昇して終了した場合、トレーダーは利益を得ることができます。

その時点で、トレーダーは債券の引渡しを行うか、買い取引を売り取引で相殺して、現金決済される価格間の正味の差でポジションを解消することができます。

逆に、トレーダーは、満期日までに債券の価格が下落することを期待して、債券先物契約を売ることもできます。

これがいわゆる、先物取引でのロング、ショートの概念です。

債券の先物は、金利の変動、債券の市場需要、経済情勢などのさまざまな要因により、債券価格が時間とともに大きく変動する可能性があるため、かなりの利益を生み出す可能性があります。

ただし、債券価格の価格変動は、トレーダーが投資のかなりの部分を失う可能性がある両刃の剣である可能性があります。

3.債券先物取引の証拠金について

多くの先物契約は証拠金で取引され、投資家は先物契約金額の合計額のごく一部を証券口座に預けるだけで済みます。

言い換えれば、先物市場は通常高いレバレッジを使用し、トレーダーは取引を開始するときに契約金額の100%を支払う必要はありません。

ブローカーは初期証拠金を必要とし、取引所は最低証拠金要件を設定しますが、その金額はブローカーの方針、債券の種類、およびトレーダーの信用度によっても異なる場合があります。

ただし、債券先物のポジションの価値が十分に下落した場合、ブローカーはマージンコールを発行する可能性があります。

これは、追加の資金を預けることを要求するものであり、資金が入金されていない場合、ブローカーはポジションを清算または解約することができます。

 したがって、先物を取引する前に、レバレッジ(証拠金を使用した取引)の影響を理解することが重要です。

それぞれの証券会社のウェブサイトで最低証拠金要件についての情報があるため、確認できます。

4.債券先物取引での配達CTDとは

債券先物取引において、売り手は、買い手宛の債券を選択し、配達することができます。

通常配達される債券は、最も安い配達(CTD)債券と呼ばれ、その月の最終配達日に配達されます。

CTDは、先物契約の条件を満たすことが許可されている最も安価な証券です。

CTDの使用は、特定の満期範囲内にあり、特定の金利を持っている限り、どの国債も配信に使用できるため、国債先物の取引では一般的です。

先物トレーダーは通常、配達のチャンスのかなり前にポジションを閉じることが多いです。

実際、多くの先物ブローカーは、先物の有効期限が切れるかなり前に、顧客がポジションを相殺することを要求します。

5.債券の換算係数

引渡可能な債券は、取引所の規則に従って計算された換算係数のシステムを通じて標準化されています。

この換算係数は、すべての配信された債と未収利息の差を均等化するために使用され、未収利息は、累積されてまだ支払われていない利息のことを指します。

契約の取引が行われる前に、取引所は各債券の換算係数を発表し、債券先物の価格は、満期日に次のように計算できます。

先物価格=(債券先物価格x換算係数)+未収利息

つまり、換算係数と債券の先物価格の積は、先物市場で入手可能な先物価格です。

債券先物ポジションの管理方法

では、債券先物取引において、ポジションをどのように管理するのか説明していきます。

毎日、満期前に、トレーダーの口座のロング(買い)とショート(売り)のポジションは時価評価(MTM)されるか、現在のレートに調整されます。

ポジション管理の上で、理解しておくと良いのが、金利と債券価格の負の関係です。

例えば、金利が上昇すると、債券価格は下落します。これは、既存の固定金利の債券は、金利が上昇する環境では魅力が少ないためです。

逆に、金利が下がると、投資家が魅力的な金利の既存の固定金利の債券を急いで購入するため、債券価格は上昇します。

ここで一つ例として、米国債先物契約をあげてみましょう。

引用元:cmegroup

初日に契約が締結されて、2日目に金利が上昇すると、Tボンドの価値は低下し、長期先物保有者の証拠金勘定は、損失を反映されると同時に、ショートトレーダーのアカウントは価格変動からの利益を反映されます。

逆に、金利が下がると、債券価格が上がり、ロングトレーダーの口座に利益が反映され、ショート口座から利益が引き落とされます。

債券先物取引を利用するメリットは?

債券先物取引のメリットとしては、トレーダーは、将来の決済日の債券の価格変動について推測することができるという点が挙げられます。

さらに、債券価格は大幅に変動する可能性があり、この場合、トレーダーは大きな利益を得ることができます。

例えば、トレーダーが額面$ 100,000の5年間の国債先物契約を購入することを決定したとします。

これは、満了時に$ 100,000が支払われることを意味し、投資家は証拠金で購入し、取引を容易にするために仲介口座に10,000ドルを預け入れます。

ここで、99ドルの価格のTボンドを契約したとすると、これは99,000ドルの先物ポジションに相当することになります。

そして、次の数ヶ月で、経済が改善し、金利は上昇すると、債券の価値が下がることになります。

満期時に、Tボンドの価格が98ドルまたは98,000ドルで取引されていると仮定すると、トレーダーは1,000ドルの損失を持つことになります。

このように、元の取引(購入)と売却は投資家の仲介口座を通じて相殺されることになります。

債券先物取引にデメリットはあるか?

債券先物取引の大きなデメリットとしては、証拠金や債券価格の変動により、重大な損失を被るリスクがあるということです。

先物契約の損失がブローカーに預けられている資金を超える場合、トレーダーは証拠金請求のリスクにさらされます。

証拠金で借りることが利益を拡大することができるのと同じように、それはまた損失を悪化させる可能性があります。

債券先物を取引するリスクは、債券の買い手または売り手にとって、潜在的に無制限にあることに注意が必要です。

また、証拠金取引で使用されるレバレッジは、債券先物取引の損失を悪化させる可能性があります。

債券先物取引のまとめ

以下、債券先物取引のまとめです。

  • 債券先物は、契約者が本日決定された価格で指定された日に債券を購入する権利を与える契約である
  • 先物取引所で取引され、先物取引を提供する証券会社を通じて売買される
  • 投機家が債券の価格に賭けるために、またはヘッジャーが債券の保有を保護できる
  • 金利の動きを取引またはヘッジするために間接的に使用できる

以上のように、債券の先物取引は現物取引とは異なり、比較的短期間で大きな利益を上げることが可能であり、ヘッジすることも魅力の一つとなっています。

しかし、逆に言えば、大きな変動を伴う株式市場では、証拠金が不足していると、大きく資産を減らしてしまうリスクも伴います。

今回の記事を参考に十分に債券先物取引について理解した上で、取引を行うようにしましょう。

参考サイト

JPX

CME.group

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です