松井証券「MATSUI FX」の特徴を解説

 

『松井証券』というと株式の証券会社というイメージが強いですよね。

松井証券は1918年(大正7年)創業されてから、すでに100年以上サービスを提供している超老舗の証券会社です。そんな老舗ながら、インターネット取引にいち早く目を付け参入、その後ネット取引専業の証券会社としては、日本で初めて東証第1部に上場したという実績がある証券会社です。

そんな松井証券が、2021年2月より新しいFXサービス「松井証券 MATSUI FX」のサービスの提供を開始しました。今回は「松井証券 MATSUI FX」の特徴を細かく解説させていただきます。

参考:松井証券 MATSUI FX

松井証券 MATSUI FXのサービス概要

では、まず松井証券MATSUI FXのサービス概要から見ていきましょう。

コンセプトは「初めての方でも少額から簡単に始められる“あんしんFX”」とされており、1コイン100円から始められるというのが大きな特徴です。

引用元:松井証券 MATSUI FX

以前、松井証券が提供していたFXサービスは「NetFX」というものでした。どう変わったのか詳しく比較してみます。

松井証券 MATSUI FX NetFx
取扱い通貨ペア数 20通貨 13通貨
最小取引単位 1通貨単位 1000通貨単位
必要証拠金(米ドル/円の場合) 約5円 4200円
手数料 無料 無料
コールセンター対応時間 7:00~23:00 8:30~17:00

確かに、『少額から』という面で、かなりパワーアップしているのが分かります。1通貨単位というのは、中々すごいですよね。

また、FX市場はほぼ24時間動いているということで、コールセンターが夜遅くまでの対応になったことなど『安心』の部分をケアしているのが分かります。

松井証券 MATSUI FXのスプレッド

FXの証券会社を選ぶ上で、気になるのはやはりスプレッドですよね。特に、デイトレードや時間軸の短いトレードをする方は、スプレッドは最重要項目かもしれません。

では、他社のスプレッドと比較してみましょう。

松井証券 MATSUI FX LIGHT  FX DMM FX GMOクリック証券 みんなのFX
米ドル/円 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭 0.2銭
ユーロ/円 0.5銭 0.4銭 0.5銭 0.5銭 0.4銭
ポンド/円 1.1銭 0.9銭 1.0銭 1.0銭 0.8銭
豪ドル/円 0.7銭 0.6銭 0.7銭 0.7銭 0.6銭
NZドル/円 1.2銭 1.0銭 1.2銭 1.2銭 1.0銭
最小取引単位 1通貨 1000通貨 10000通貨 10000通貨 1000通貨

みんなのFX、LIGHT FXはスプレッドの面ではかなり優秀ですが、そこまで気にするほどの大きな差ではないかなと思います。

ですが、やはり1通貨から取引できるFX会社は、2021年4月現在、私が探したところ見当たらなかったので少額から始めようと思っている方には、いい証券会社ではないかなと思います。

松井証券 MATSUI FXのメリット

では、実際に松井証券のMATSUI FXはどんなメリットがあるのでしょうか。一つずつ見ていきましょう。

1通貨単位から取引できる

やはり、一番のメリットはここでしょう。国内FX会社の最低取引単位は、1000通貨~1万通貨が一般的です。

例えば、1通貨単位100円の通貨をレバレッジをかけずに取引した場合、一般的なFX会社とMATSUI FXでは、最低取引金額に大きな違いが生じます。

・一般的なFX会社の場合

100円×1万通貨=100万円必要

・MATSUI FXの場合

100円×1通貨=100円必要

かなり大きな違いがありますよね。また、レバレッジをかける場合でも必要証拠金は以下の様になります。

レバレッジ MATSUI FX 一般的なFX会社(最低取引単位が1万通貨の場合)
なし 100円 1,000,000円
5倍 20円 200,000円
10倍 10円 100,000円
25倍 4円 40,000円

FX初心者の方で、まずは少額からFXをしたい方にとって、松井証券 MATSUI FXは大きなメリットがあるといえるでしょう。

デモトレードを登録なしで簡単にできる

こちらも、トレードを始めるにはありがたい機能です。基本的にデモトレードは、口座開設やメールアドレスの登録が必要ですが、MATSUI FXはクリック一つですぐにデモトレードを開始できます。

引用元:松井証券 MATSUI FX

TOPページの□の部分のデモサイトにいけば、すぐにトレードを体験することができます。「FXってどんなものなのかな?」と試すには非常に優れている証券会社といえます。

松井証券 MATSUI FXのデメリット

ここまで、松井証券 MATSUI FXのいいところを紹介してきましたが、デメリットもあります。順番に見ていきましょう。

通貨ペア数が少なめ

通貨ペア数で少し物足りなさを感じる可能性があります。松井証券 MATSUI FXは20種類とやや少なめ。

LIGHT FX 27種類

外為ドットコム 30種類

トライオートFX 27種類

ヒロセ通商 50種類

ただし、メジャー通貨を取引したい方にとっては、特に問題はないかと思います。

FXに関するコンテンツが少ない

松井証券 MATSUI FXには「FXのススメ」や「マネーサテライト」という、FX情報を解説するコンテンツはありますが、こちらは初心者向けが主なものになっています。

2021年4月現在では、中・上級者向けのコンテンツが少ないように感じます。他社では、セミナーや動画配信でマーケット情報を得られるのに対して、少しその点では物足りなさを感じます。

しかし、新サービスということで今後に期待できる部分でもあります。

まとめ

今回は、老舗証券会社である松井証券の新サービス「MATSUI FX」について解説させていただきました。

スプレッド、通貨ペア数などは少し物足りなさは感じますが、1通貨から取引できる点やデモトレードの敷居の低さなど、初心者の方やこれからFXをやってみようかなという方には、かなりオススメの証券会社といえるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です