トルコリラが8円台に暴落!買うべきか?売るべきか?

トルコリラは今週火曜日に15%以上急降下しました。

トルコのエルドアン大統領が最近の利下げを擁護したことで、今年だけで40%以上も下落してます。

この記事のポイント

  • トルコリラは今年、対ドルで42%下落し、世界で最も弱気な通貨となった

  • 中央銀行は9月以来政策金利を400ポイント引き下げた

  • トルコ人は将来の不安から混乱している

  • エルドアン首相は、より厳格な政策はインフレを低下させないと主張している

トルコリラは今年最も下落した通貨となった

エルドアン大統領が経済を後押しするために金利を引き下げるという物議を醸す計画を行った後、トルコリラは今週の火曜日に15%急降下しました。

リラはわずかに回復する前に、1ドルあたり13リラをわずかに超える過去最低を記録し、11日連続で下落しています。

エルドアン首相は、9月以降、トルコの中央銀行に3回の利下げを行なっており、現在20%になっているインフレを押し上げたと非難されています。

さらに、投資家は自信を失い、リラは今年その価値の約45%を失い、世界で最もパフォーマンスの低い通貨となっています。

それにもかかわらず、エルドアン首相は月曜日に彼の政策に固執することを誓い、高金利はインフレを低下させないだろうと主張しています。

銀行総裁が解任された後、トルコリラは15%下落した

現在、トルコはエルドアン氏が支配しています。

今年の3月、彼は積極的に金利を引き上げていた銀行総裁のナジ・アーバルを解任しました。

これは、リラの価値がこれまでになく大幅に下落するきっかけとなりました。

大統領と彼の同盟国は、低金利はトルコの輸出、投資、雇用を後押しすると主張していますが、多くのエコノミストは、利下げは無謀だと言っています。

エルドアン大統領は、金利の引き上げはインフレを引き起こし、価格の上昇に対抗する方法はお金を安くすることだと考えています。

控えめに言っても、それは型破りな見方であり、多くは反対です。

レートを上げると支出が減り、その結果、価格の上昇が遅くなります。

先月、リーダーシップの混乱の中で大統領に解任された元中央銀行副総裁のセミ・トゥメン氏は、リラの価値を保護する政策への復帰を求めました。

成功の見込みがないこの不合理な実験は直ちに放棄されなければならず、トルコリラの価値とトルコ国民の繁栄を保護する質の高い政策に戻らなければならない」と彼はツイッターで述べています。

中央銀行は9月以来合計400ポイントの金利引き下げを行っており、実質的に他のすべての中央銀行がインフレの上昇に対抗し始めています。

一方で、エルドアン首相のAK党は、2023年半ばまでに予定されている選挙に先立ち、生活費の大幅な上昇を反映して世論調査に参加しています。

世論調査では、エルドアン首相のAK党が状況のために支持を失っていることを示唆しており、野党の政治家は早期選挙を訴えています。

しかし、彼は未だにトルコ議会で彼の党と他の同盟国の支持を得ています。

トルコリラの影響は?

インフレが20%近くまで急上昇し、通貨の下落が加速し、トルコ人の収益にも大きく影響を与えています。

輸出、投資、雇用などの面で様々な影響をもたらしています。

旅行者への影響

今回の暴落は旅行者はどんな影響があるのでしょうか?

トルコの外貨収入源である観光のシーズンが終わる一方、エネルギー価格の高騰がトルコ経済にダメージとなっています。

これもまたトルコリラ安の要因となります。

宿泊施設などの高額な観光商品の場合、価格はユーロで見積もられる可能性があります。

主に一部のアナリストが20年近くトルコを統治してきたエルドアンによる時期尚早の経済的な実験であると呼ぶほど、今年世界で群を抜いて最もパフォーマンスの悪い通貨でした。

さらに、トルコ南部のカルカンリゾートのホテルエグゼクティブ、カーン・アカー氏は、「価格の上昇が速すぎる。価格が高すぎるため、特定の製品を購入したくない」と述べ、海外旅行をキャンセルすることを考えていたと付け加えましまた。

中央銀行は先週の木曜日に政策金利を100ベーシスポイント引き下げて15%にし、12月に別の引き下げを示唆しました。

彼は、高金利は生産を制限し、投資に焦点を当てた政策に代わるものはないと述べた。

アップルはトルコ向けの商品販売を停止

11月23日にアップルは、リラが暴落し、経済危機にあるトルコにおける商品販売を一時的に停止したことを発表しました。

現在、Apple Storeのオンラインサービスでは、商品を購入したりすることは不可となってます。

インフレ率は20%付近まで来ており、トルコ人の生活にも影響が及んでいます。

トルコリラは買うべきか売るべきか?チャート分析と今後の展開

 

トルコリラは遡ると、2000年の高値からでは約94%の暴落しており、21年間を通しての超長期下落トレンドとなっています。

11月23日に急落し、一時1ドル13.45リラまで下げました。その後は下げ幅を縮小したものの、終値は11日連続で過去最低を更新しています。

11月から22%以上下落したことを含め、今年はその価値の42%を失ったことになります。

では、価格一体いつ上がるのでしょうか?

価格はいつ上がるのか?

正直なところ、誰もわかりません。これまでの多くのチャート分析も裏切る下落を続けており、テクニカル分析はあまり有効ではない相場のように感じます。

では、少なくとも影響するであろうファンダメンタルについて考えましょう。

トルコリラの価格に影響するのは以下です。

  • 金利

  • 貿易収支

  • 政府への不信感の強まり

まず、金利はリラの価格と反対に反映されます。

何か今後、エルドアン大統領の戦略が変わりらようなことがあれば、大幅に支持も増え、回復の兆しを見せるような動きをする可能性はあります。

しかし、少なくとも、混乱の中にあり、方針の決まらない現状は、買いも売りもできないでしょう。

トルコリラは限界点にあり、緊急利上げが必要か

アナリストは、より深刻な経済危機を回避するために緊急利上げがまもなく必要になると述べています。

フランスの投資銀行ソシエテジェネラルは、2022年の第1四半期末までに金利が約19%に上昇すると予測しており、現在、国の金利は15%です。

ブラウンブラザーズハリマンのグローバルマーケットストラテジストであるイランソロット氏は、トルコリラは「限界点」まで待つ可能性が高いとしており、

「私たちは資本規制について話している。十分なドル準備がなく、それを処理するのに十分なドルがシステムにない。それから、実際の通貨危機について話し合う」と彼は付け加えました。

トルコリラのまとめ

暴落が止まらないトルコリラですが、今後どうなっていくのでしょうか?

少なくとも、エルドアン大統領が改心するか、あるいは退場でもしない限りリラの下落は止まらない可能性が高くなっています。

トルコでは2023年6月18日までに次期の国政選挙(議会選と大統領選の同日選挙)が行われます。

エルドアン大統領の支持率は当然だが低迷しており、それにもかかわらず「陰謀論」を振りかざしてリラ安に突き進んでいる状況が続いています。

トルコの国民生活を苦境に追い込むエルドアン大統領のスタンスには憤りを感じることでしょう。

引き続き、今後の価格動向や展開に注目していきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です