サラリーマンの投資は「不動産投資」がおすすめである理由とは?

前回、サラリーマンは、積立投資の長期投資での資産形成が理想的である、という話を以前させていただきました。

前回の記事⇒ サラリーマンは積立長期投資すべき!その理由とメリットについて

また、元本と、目指すべきゴールと、投資にかけれる年数が決まれば、おのずと必要な利回りがわかってきて、どのような投資をやっていけばよいかがわかる、という話もさせていただきました。

今回は、そんなサラリーマンの投資方法として、不動産投資をおススメしたいと思います。サラリーマンだからこそできる、不動産投資のメリットや利点について、紹介していきましょう。

不動産投資とはどういう投資か?

まず、なぜ、サラリーマンが不動産投資に最適か、という話に入る前に、そもそも不動産投資とはどのような投資かについて、解説したいと思います。

不動産投資とは、その名の通り、収益目的として不動産を持つ、という投資になります。物件を買い、それを他人に貸し出すことで、収益を得る投資方法になります。

不動産は、株や債券などと異なり、画一的なものがない、唯一無二のものを対象にしています。そのため、値段が自由につけることができるのが特徴だといえるでしょう。

不動産を買う際、売る際の値段も、また、貸す際の値段も、交渉によって決めることができるのです。この点では、不動産投資は、事業に近い部分があるといえるでしょう。投資と事業の中間と言った方がよいかもしれません。

不動産投資はどうやって稼ぐ?

不動産投資の稼ぎ方というのは、他の金融商品とそこまで大差ありません。毎月の家賃収入などから得られるインカムゲインと、不動産を売却した時の利益のキャピタルゲインから成り立ちます。

もちろん、不動産を売却した値段が、買った時の値段より安ければ、それはキャピタルロスになります。

サラリーマンが不動産投資を行うメリットとは?

では、本題である、「なぜサラリーマンは不動産投資を行うべきなのか?」について解説しましょう。

会社の信用でお金を借りることができる

まず一番のメリットは、「会社の信用でお金が借りることができる」ことです。

たとえば、ワンルームマンションであっても、購入するには、1000万円前後は最低でもかかってきます。これをキャッシュで用意できる人は、そんなに多くはないでしょう。また、それだけ資産があれば、様々な運用が考えられます。

しかし、サラリーマンであれば、借金をして、物件を買うことができるのです。借金は嫌だ、と思う人がいるかもしれません。しかし、お金を借りることで、10万円で2000万円の物件を買い、年に10万利益を出したとしたら、それは一年で利回り100%と実質同じことになります。

このように、借金によって、資産にレバレッジをかけることで、投資の利回りを挙げていくことができるのが、不動産投資のメリットです。

そして、お金を借りれるのは、誰でもよいわけではありません。大抵、年収の数倍とか、金融機関によって基準が決まっています。サラリーマンであることは、安定した収入があるということで、金融機関がお金を貸してくれるのです。自営業はサラリーマンに比べて基準が厳しかったりします。これは、「会社の名前で信用レバレッジしている」ことに他なりません。

税制面のメリット

また、もう1つのメリットは、税制面でのメリットが出る、ということです。

サラリーマンであれば、確定申告している人は少ないかもしれません。しかし、サラリーマンは、思った以上に所得税、住民税を払っています。これが、不動産投資を活用することで、還付される可能性があるのです。

不動産投資と給与所得は、損益通算が可能です。たとえば、不動産は資産になるので、減価償却が可能です。その減価償却は、不動産の収益から、確定申告上差し引くことができます。

また、取得や管理にかかった費用は、経費として落とすこともできます。結果、不動産事業は、キャッシュフローがプラスであっても、確定申告上の利益がマイナスになることがたびたびあります。

これを活用することで、給与所得を少なく見せることができ、結果、所得税、住民税がかえって来ることがあるのです。株や債券は、完全に給与とは別のテーブルで処理されるため、こういうメリットはありません。これも、不動産投資ならではのメリットといえるでしょう。

簡単に始められる

もう1つ、メリットは、以外と簡単に始められる、ということです。

サラリーマン大家という言葉を聞いたことがあると思います。こういう言葉が一般化するくらいには、サラリーマンの不動産投資は行われています。もちろん、不動産投資専門の会社も何社もあり、彼らが面倒くさい手続きはすべて行ってくれます。

自分で事業を立ち上げると、収益を得るまでに多大な労力がかかりますが、不動産投資は、その点では簡易的に始めれるといってよいでしょう。これも、時間があまりないサラリーマンにとってはメリットですね。

サラリーマンにとって「不動産投資」が最適な理由とは? まとめ

不動産投資は、不動産を買って、その不動産を他人に貸すことで収益を得るモデルです。月々の家賃収入によるインカムゲインと、売却した時のキャピタルゲインを狙うことができます。

サラリーマンにとって、不動産投資は大きなメリットがあります。1つは会社の信用で、お金を借りて、レバレッジ投資をすることができること、もう1つは、給与と損益通算することで、節税できる可能性があることです。

事業と投資の中間のような不動産投資だからこそのメリットといえますね。また、市場が一定あるため、専門の業者も多く存在し、簡単に始めやすいこともメリットといえるでしょう。

もちろん、不動産投資にもいろいろあります。次回は、サラリーマン投資家の不動産の選び方と、注意点について説明したいと思います。

サラリーマンの不動産投資は「ワンルームマンション投資」が最適な理由とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です