ハイリスクハイリターンのETF「TQQQ」【特徴と購入方法について】

TQQQとQQQの比較

まさにジェットコースター!ハイリスク、ハイリターンのETF、TQQQ!

先週、各所でプチ暴落ともいえる、相場の下落が起きましたね。調整らしい調整は数年ぶりなので、最近投資を始めた方の中には、不安になった方もいるのではないでしょうか。

一般的に、リスクが高ければ、その分リターンも高いと言われています。

リスクをある程度許容できるのであれば、ハイリターンな銘柄に投資するというのも、1つの選択肢でしょう。今回は、ハイリターン銘柄の代名詞である、TQQQを紹介したいと思います。

どういった銘柄なのか、そして、どういう動きをするのか、どうやって持つべきかを中心に、解説したいと思います。

TQQQとは、どういうETFなのか?

まずは、TQQQの概要について解説していきましょう。

TQQQは、正式名称を、「プロシェアーズウルトラプロQQQ」と言います。以前紹介した、QQQの類似商品になります。

QQQが、ナスダック100という指数に連動するのに対し、TQQQは、ナスダック100の3倍の値動きをするように設計されたETFになります。

参考までに、「ウルトラプロ」というのは、ETFの中でも、特に専門家向き、プロ向きの商品にしかつけられない呼称になります。

なぜ、TQQQがプロ向きかというと、通常の株価の3倍の動きをするため、値動きが激しくなるからです。値動きの激しさについては、後ほど解説したいと思います。

TQQQは、基本的に、割合こそ違うものの、QQQと同じ銘柄構成になっています。

QQQに比べてアップル、アマゾンなど上位銘柄の割合が低いのは、よりアクティブな、小型銘柄を多く含んでいるからだ、ということが予想されます。

なお、TQQQはアクティブファンドのため、銘柄の構成比が変わることはよくあります。

QQQの銘柄構成

(出所:Bloomberg )

参考までにQQQの銘柄構成です。TQQQに比べ、上位銘柄のシェアが多いことがわかるでしょう。
TQQQ銘柄構成
(出所:Bloomberg

TQQQのパフォーマンスは?リターンはどれくらい?

では、そんなTQQQですが、リターンはどれくらいでしょうか。

5年間のチャートを見てみましょう。

参考までに、QQQと比較してみます。

TQQQとQQQの比較
(出所:Bloomberg )

オレンジがTQQQ、青がQQQです。

QQQがここ5年で2倍になったのに対し(それでも十分高いパフォーマンスですが)、TQQQはなんと最高8.4倍にまで増えています。

とんでもないパフォーマンスをたたき出していたことが、この表をみるだけでわかるのではないでしょうか。

年別のリターンは下記の通りです。リターンが100%を超えた(つまり、リターンが1年で2倍になった)年が、ここ8年で2回もあるのです。50%以上になった年も3回あります。

単純な話ですが、2010年に100万円TQQQを買っていれば、2018年10月には2300万円以上になっているのです。

TQQリターン

この表を見ても、非常に高いリターンを生み出してきたことがわかるのではないでしょうか。

TQQQをこれから買うのはあり?なし?

では、今から、TQQQを買うのは、ありでしょうか、なしでしょうか。

上のチャートを見てみると、気になる点がありますよね。そう、一番右を見ていると、急落しているのがわかると思います。

直近一か月のチャートを見てみましょう。こちらもQQQとの比較を載せておきます。

TQQQとQQQの比較2
(出所:Bloomberg

この1か月で見ると、-26%と、大きく下がっています。日によっては、10%近く値を下げることもあります。

この1か月は、米中貿易戦争や、アマゾン、グーグルの決算が思ったほどよくなかったこともあり、米国株全般が不調でした。特に、PERの高いNasdaqは、必要以上に売り込まれた感もあります。たとえばアマゾンは、ここ1か月で20%以上値を下げています。

こういったこともあり、現在、TQQQは、(それでも2018年、年初来からみると20%以上プラスなのですが)、下げている最中です。

基本的には、ナスダックが落ち着くまでは、手を出すことはお勧めしません。どこまで下がるかが見えない状況なので、今は様子見が良いのではないでしょうか。

TQQQが買える証券会社は?

TQQQは、先ほども言ったように、ウルトラプロシリーズという、専門家に向けて推奨している銘柄になります。なので、日本の証券会社では、取り扱いは限られています。

マネックス証券、SBI証券、楽天証券、いずれも現在は取り扱いがありません。

日本の証券会社で買おうとするのであれば、先日紹介した、サクソバンク証券のみが取り扱っています。

tqqq取扱はサクソバンク証券
(サクソバンク証券海外株口座公式サイトより抜粋)

もし、日本から買いたい場合は、外国に証券口座を開くか、サクソバンク証券(海外株口座 or CFD口座)で買うしかありません。

参考:サクソバンク証券の米国株の評判と特徴を徹底分析【他社比較で手数料が安い】

しかし、取り扱いの要望は多いようなので、いつか、SBI証券や楽天証券でも取り扱うかもしれませんね。

⇒サクソバンク証券海外株口座の公式サイト、口座開設はこちら

⇒サクソバンクCFD口座はこちら(レバレッジ5倍まで)

まさにジェットコースター!ハイリスク、ハイリターンのETF、TQQQ!

TQQQは、QQQの3倍の値動きを目指す、ハイリスク、ハイリターンの銘柄です。相場環境がよかったここ5年では、最大8.5倍ほどのリターンを見せている、魅力的な銘柄です。

しかし、直近1か月で30%下げるなど、相場の見極めが必要な銘柄だと言えるでしょう。アメリカでも、プロ向け、専門家向けの銘柄として知られています。

TQQQが買える日本の証券会社は、現状、サクソバンク証券だけになります。

もし、興味があれば、サクソバンク証券で口座を開いて、トライアルしてみるとよいでしょう。ただし、何度も言うように、値動きが激しい銘柄なので、最初はトライアル程度にするのが望ましいでしょう。

次はSOXLを取り上げてみました
ハイリターンETF「SOXL」の株価の特徴と購入方法について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です